iRingじゃないよRingだよ

某ビレッジヴァンガードに行ったらパチモンiRingを見つけた。その名もRingだ。

デザインがそっくりで、車載ホルダーも付いて600円くらいだった。iRing用の車載ホルダーを買おうか悩んでいたので、まぁホルダー代だと割り切って買ってきた。そして、このRingはZenfone2Laserに使うことにした。このRingは、台座が少し柔らかいプラスチックで少し曲げられる上に、普通の両面テープが付いているので、Zenfone2Laser用に買ったソフトクリアカバーにもキッチリ張り付く。iRingは平面が出ていないと剥がれやすいので、非常に都合がよい。気分でフリップケース、ソフトクリアカバーWith Ringを付け替えて使うことにした。おかげで、スマホは二台ともリング付きになって使い勝手が向上した。

Zenfone2Laserの方がiPhone7より画面がでかく、Androidは文字サイズのカスタマイズも楽だし、FirefoxもAndroid版は広告ブロックも使える。Ringが付いたので、目が疲れている時など気分でコッチを使えば良いかなと思う。移動時間の長い出張時には、iPhoneのテザリング子機としてZenFone2Laserを使えば、メイン機のiPhoneのバッテリ消費も抑えられるので、私にはモバイルバッテリーが必要ないです。画面が小さいスマホと言えども、やっぱ画面表示が一番バッテリーを消費するんだよね、

あと、付属のフックだが、具体にどう使おうか検討中。Ringの耐久性は本家に劣ると思うが、ダメになったら買いなおしても良い。そんな値段だ。また、車載フック無しなら100円ショップにも、ほぼ同じ形のものが売っていたので、リングだけ試したいなら、それもアリかなと思う。というか、本家本元のiRingが高すぎ。まぁ、長持ちしてるけどな。

ともあれ、このようにiRingもどきは100円ショップでも手に入る市民権を得た。もう定番商品と言っても良いだろう。ちなみに、iPhone8のサイズは、概ねこんな感じらしい。(同時にいPhone7s,7s Plusもデビューしそうです。)

https://corriente.top/post-42020/
http://iphone-media.net/post-2066/#96

縦長ディスプレイで、ディスプレイ横幅62.46mmは概ね5inchスマホ(アスペクト比16:9で幅62mm)と同等、縦長な18:9とか18.5:9のアスペクト比と言われているようです。外寸横幅70.77mmだから、やっぱり握った時の感覚は5inchスマホ(例えばZenFone2Laserは71.5mm)とだいたい同じ感覚という事になるかな。というワケで、iPhone8は裸でもホールドできますが、画面の上側まで親指を到達させようと思うと既存の5inchスマホ以上にスマホリングは必須と思われる。
スポンサーサイト

シャーボ的なもの、三度(みたび)

SARASA multi、Surari multiがコスパ最高かなと思い3本購入して使っていたが、ゴムグリップの一部表面コーティングが剥がれてくるというどうしようも無い現象が3本とも発生した。うち1本はボロくなったゴムがピヨ~~ンと出てきて、それを引っ張り続けたら最終的にゴムグリップが無くなったw。ほか2本は、それを見て忍耐で引っ張らないようにして使い続けて、はや3年近く経ちましたw。

兎に角、これは欠陥なのだろうか、それともハズレロットの時期だったのだろうか...それ以外の機能的には何ら問題が無いだけに非常に勿体ない。今も普通に売っているので、特にモデルチェンジした様子もない。なんだこれ。

ボロボロのペンを客先で使うのは、どう考えても好印象にはならない。なので、見た目もそれなり、ゴム劣化の無さそうなのというコンセプトで1本買ってきた。カバンに入れっぱなしで使用頻度は少ない、文章量もメモ書き程度、見た目の劣化が無く、シャープペン+ボールペン(黒・赤)が必要十分な機能として選んだ。

PILOT 2+1 EVOLT
http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/multi_func/21_evolt/

今回買ってみたのは1000円のブラウンです。実は、以下リンクの木のボディに惹かれたのだが、実使用で機能確認したかったので、とりあえずEVOLTとした。PILOTの魅力は回転式なので外見が野暮ったくない、また、それを理解したラインナップとなっている。

PILOT 2+1 LEGNO
http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/multi_func/21_legno/

PILOT多機能ボールペンのシリーズ一覧。

http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/multi_func/

シリーズ一覧を見ていると、多機能ボールペンにどこまで金を出せますか?と問われているようだw。

一番最初に書き味と4色で気に入ったのが、パイロットのハイテックCコレトだったのだが、先端が使用1か月くらいで割れるというのを2連続で体験したので止めた。あの半透明プラスチップケースは、見た目に走ったため強度不足だったんだろうね。ゼブラのSARASA multiも先端は透明だけど、無理にスリムに見せようとしていないからか、壊れる気配はないが、ゴムグリップの表面コーティングボロボロとか意味不明。

結局、書き味に剛性感・安心感を求めると、金属ボディか少なくとも先端は金属だと失敗が無いのかなと思う。最終的にシャープペン+4色ボールペンに戻るのか、それとも使用頻度を考えてシャープペン+2色ボールペンとするのか、それは個人の趣味だと思う。ほぼ使わなくてもシャープペン+4色ボールペンというのもアリだと思う。1万とか2万の最上位モデルにも惹かれるものがあるが、せいぜい3000~5000円くらいにしておいて、気軽に使えて、無くしたり壊れても精神的ダメージが少ない方が良いかなと思った。あくまで使い捨ての延長線上というのが私には良いと思う。

というように、見た目と価格層に幅があるので、パイロットも面白いかもしれません。

実用的なボールペンなら三菱。今、ボールペンは三菱のジェットストリームが売れ筋みたい。でも、三菱ジェットストリームって高級路線が全くないんですね。怒れる消費者の雄叫びをどうぞw
http://mistclast.hatenablog.com/entry/2015/04/01/230635
そして魔改造に走るわけですね。分かりますw
http://mistclast.hatenablog.com/entry/2016/08/22/195106

そして、三菱。あ、なに、この尖り続けるシャープペンだって!
http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/kurutoga/standard.html

文房具の世界って、まだ進化してたんだね。知ったら買わずにはいられなかった。

http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/advance/advance.html

三菱のクルトガ Advance、シャープペンにも挑戦してみた。ちなみにスタンダードモデルと100円しか違わなく、全込み600円というお手軽さなので、一本あっても良いですよ。というより、実際書いてみると驚きます。紙で製図したことある人なら、線を引く時にはシャープペンシルを回転させて使っていた事でしょう。でも文字では上手くいかない。それをメカ側がやってくれるんだから素敵です。ただし、機構的にシャーボ的なサイズにするのは無理っぽいね。

というワケで、お気に入りのシャープと多機能ペンが手に入った。字を書くという行為で満足感が得られるというのは、非常に贅沢なんだと実感したよ。大したコストじゃないのに、少し拘っただけで、この満足感。皆さんにも共感して欲しいね。

スマホ車載ホルダー

今まで私はカーナビ付きの車を所有したことが無いw。

あ、ちなみに、よく仕事でレンタカーするので、車載ナビ自体にもそこそこ慣れてますよ。ただ、最近はGoogle Mapに音声入力で行先入力をしているので操作も相当楽になった。21世紀って感じだ。これに慣れたら、レンタカーのカーナビの方が貧弱で辛くなっちゃったよ。固定されたナビの鈍感タッチパネルに感圧入力とか、何気に拷問です。

というワケで、今まで試行錯誤していたようなしていないような感じの「スマホ車載方法」は私の重要案件なのです。

先日、サブスマホZenFone 2 Laserを車載動画再生専用機にしようと思い、適当に固定できそうな両方吸盤タイプを100円ショップで買ってきたら使えそうだった。

同じものです
http://minkara.carview.co.jp/userid/175681/car/2008833/8173877/parts.aspx

あとは、ダッシュボードの固定したいところに、吸盤ベース(鉄板+両面テープ)的なものを張り付ければ良さそう。遠出の時にしか使わない助手席娯楽用のサブスマホホルダーなので、普段はホルダーごと外しておけると考えるなら、吸盤に軽く押し付けるだけの100円ショップ両方吸盤タイプって最高だと思う。貼りつきが良ければですけどね。きっと裸のiPhoneなんかにジャストフィットすると思います。ダッシュボードに貼る吸盤ベースも、家にあるものを加工して3Mの両面テープで貼ろうかなと思ったのだが、そもそも直径80~90mmの吸盤ベースって色々売っているようだ。
ちなみに、吸盤タイプをフロントグラスに貼り付けている人もいるでしょうけど、一応法律上はダメらしい。吸盤のお守りもダメらしいよw。

とか言いながら、買物時にセリアに寄った時に、吸盤ベースじゃなく、以下リンクで1位のスマホホルダーを買ってみた。吸盤ベースを108円で買うより、スマホホルダーを108円で買った方が合理的かなと思ったのさ。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/012800134/?P=3

この100円アイテムですが、強い両面テープが付いてきているので、接着面をウエットティッシュで綺麗にしてから張り付けるだけなんですね。100円なので複数買っても痛くもかゆくもない。両面テープとか買いそろえるより、これを買った方が良いでしょう。首もフレキシブルに調整できるので縦でも横でも使えて最強です。iRingが付いてるiPhoneもZenFone 2 Laserも問題無く固定出来ました。バネが固いとか、あまり実用上問題になるとは思えないけど揺れるってのが欠点かな。

もともとダッシュボードの中央付近に私のスマホスタンドが設置してあるので、左右対称に助手席用的な配置で設置してみた。サブスマホで使っても良いし、嫁スマホの充電時に使っても良い。そんな感じだ。

カーステはDEH-970を使っているので音声はBluetooth接続だ。iPhoneの最新OSではBluetooth接続されたらレジュームが効かない(最新USファームに更新すれば効くらしい)が、ZenFone 2 Laserではレジューム再生が有効だったのは、うれしい誤算だった。まぁ、レジュームしなくても良いんだけどね。ちなみに、SIM無しZenFone 2 LaserでBluetoothオーディオ接続とBluetoothテザリング子機は同時に出来ました。なので、AbemaTVとかYouTubeも見れますね。

硬いUSB3.0ケーブル、柔らかいUSB2.0ケーブル

USB3.0の2.5inchHDDケースを使っている。最近はノートPCが母艦(USB3.0無しw)になりUSB3.0が活用されていないのだが、一応ケースはUSB3.0用もあったりする。ここで問題。なんでUSB3.0ケーブルって太くて固いんだ?固いからHDDケースから線が抜けちゃうじゃないか...それを解消したいと思っていたのは私だけじゃなかったようだ。

使うのはAndroidスマホ用の充電・データ通信用のケーブル。100円ショップで50cmくらいのが100円で売ってます。これをHDDケース側のUSB3.0 MicroUSBの広い方の端子に挿すとUSB2.0機器として通常使用できます。当然、USB3.0ケーブルより細いし柔らかいので端子に負担もかかりにくいため、結果抜けにくくなります。

ただでさえ安いHDDケースに更なる追加投資をするのか?と思う人は、Androidスマホ・タブレットの充電・データ通信ケーブルが余っていれば、それを試してみれば良いのです。多分、Android側も相当古いのを除けばMicroUSB端子だと思いますよ。

BDプレーヤーで動画再生するのにUSBHDDにデータを入れて接続するのですが、USB2.0で速度は十分だったりします。そりゃデータ投入時にはUSB3.0が欲しくなりますが大量投入する機会は多くないで、ケーブル抜けが激減する方が気持ちが楽になりますよ。

2.5inch 2TB HDD

デカノートを使いだしてから、いつか2.5inch 2TB HDDを買おうと思っていたのだが、一向に値下がりしないどころか、円安のせいで値上がりした感が否めない。そこで、なぜかHDD単体よりPQIのポータブルHDDの方が安いという怪現象に乗っかろうと思ったのだが、その安売りも終わってしまった。でも先日、某工房にフラッと行ったら、中古で税込み\9kで「PQI H567V Plus」がタイミングよく?売りに出ていたので、せいぜい2~3か月しか使ってないだろうし連続稼働していたとしても使用時間なんて大したことないだろうと思い、手に取り会計しようとしたら、本日は中古の日?で10%引き...\8kで購入出来ました。新品1TBを\6kで買うより断然お得でしたね。

私の用途は、デカノートの光学ドライブを外して、そこに大容量HDDをマウントする事だった。マウンターは購入済みで、近所のリサイクルショップで数百円で買った160GBを入れてテスト運用していたのでした。なので、一応USB接続で動作確認してから、速攻で分解を試みた。

参考にしたのは以下のサイトなのだが...
https://plaza.rakuten.co.jp/nana1451/diary/201110240000/

結果、力業では開きませんでした。見た目は同じだが、ケースが違うのか?と疑い、ゴム足を捲ってみたらネジが4本出てきましたよ。それを外したらアッサリ分解出来ました。最初に、そこを確認しようよ...orz。

基盤とHDDは分解するなシールが貼ってありましたが、気にしな~いw。出てきたHDDは、予想通り「Seagate ST2000LM007」という2.5inch,7mm厚のHDDでした。この容量で7mm厚だと、ノートPCを買い替えたとしても使いまわし出来そうなので満足度が高いです。何故、内蔵に拘るかというと、デカノートがUSB2.0だから高速では無いとか、USB3.0外部電源無し仕様ケースだから格安HUB経由は無理とか、デカノート本体USB端子が埋まると辛いとか、そういう理由です。

というワケで、デカノートはOS用に120GB SSD、データ用に2TB HDDというような仕様となり完成しました。もう、ほぼほぼデカノート(Celeron1037U,Mem8GB)しか使っていません。デスクトップ(C2Q Q8400@3.2GHz,Mem8GB)は、余剰3.5inchHDD寄せ集め倉庫と化しています。SkypeしながらFirefoxで調べつつWoTという使い方すらデカノート+2画面でやってます。当然ギター録音もデカノートです。
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR