FC2ブログ

Note e-Powerに乗る

レンタカーでe-Powerに乗った。会社契約のガソリン代は距離換算なので、e-Powerの方がオトクになるのだ。

今まで、普段の出張も人数や荷物の問題が無ければNoteだったのだが、NoteのレンタカーはNAなのでパワーが無い。うちのゴルフワゴン並みにパワーが無いw。高速道路メインなので余計にそう感じるのだ。

初めてNote eーPowerに乗った印象は、NAガソリンよりパワフルなので乗り易かった。シフトノブ?が、ヘンテコな形なので少々戸惑ったが、まぁそれだけの話だ。単なるスイッチだから何でも良いのだが、サイドブレーキも普通の棒だし、モードチェンジを別スイッチにするくらいなら、トルコンATのODスイッチみたいに配置してくれた方が操作性は良いような気がした。

吹雪の中を走ったが、暖房は暖かかった。全く問題無いのだが、エンジンが停止した記憶が無いw。かといってバッテリーインジケータは7割くらいから下に下がったのを見なかった。これならバッテリー容量を減らしても大丈夫な気がする。

当たり前だが変速ショックは無いし、かと言って違和感も無い。エンブレが効き過ぎるという人の話を聞いていたが、Dレンジは普通...マニュアルと同程度というイメージ。これなら、トランスミッションを廃止してモーター駆動ってのは全然アリだと思う。バッテリー容量を減らして交換バッテリーを安価にするなど、バッテリー経年劣化の懸念さえ払拭出来れば、むしろモーター駆動を増やすべきだろうと思った。

気になる燃費だが、巡航100km/hで遅い車を追い抜いて高速道路を走っていたら、15km/Lとインジケータには出ていた。80km/h区間に入ったら燃費は向上し17km/Lくらいにはなった。燃費重視でECOモードなどを駆使し、一般道など空気抵抗の懸念があまり無い速度で走れば、きっと20km/Lくらいの燃費になるのだろうと思うが、そこまで試すには至らずでした。なお、今回は大人4人乗車+荷物という厳しい条件だったことを付け加えておく。

ようは、高くなければアリ。1年落ちくらいのが車体110万くらいから中古市場にあるようだから、そういうのを買えば満足度も高いかもしれませんね。でも、私の乗ったレンタカーは、エアコンはあるけど、ハンドルには何もスイッチが無かったのでクルーズコントロールが搭載されて無いモデルなんだろう。レンタカー用仕様なんだろうか、謎だ。
スポンサーサイト



スマホ車載ホルダー

今まで私はカーナビ付きの車を所有したことが無いw。

あ、ちなみに、よく仕事でレンタカーするので、車載ナビ自体にもそこそこ慣れてますよ。ただ、最近はGoogle Mapに音声入力で行先入力をしているので操作も相当楽になった。21世紀って感じだ。これに慣れたら、レンタカーのカーナビの方が貧弱で辛くなっちゃったよ。固定されたナビの鈍感タッチパネルに感圧入力とか、何気に拷問です。

というワケで、今まで試行錯誤していたようなしていないような感じの「スマホ車載方法」は私の重要案件なのです。

先日、サブスマホZenFone 2 Laserを車載動画再生専用機にしようと思い、適当に固定できそうな両方吸盤タイプを100円ショップで買ってきたら使えそうだった。

同じものです
http://minkara.carview.co.jp/userid/175681/car/2008833/8173877/parts.aspx

あとは、ダッシュボードの固定したいところに、吸盤ベース(鉄板+両面テープ)的なものを張り付ければ良さそう。遠出の時にしか使わない助手席娯楽用のサブスマホホルダーなので、普段はホルダーごと外しておけると考えるなら、吸盤に軽く押し付けるだけの100円ショップ両方吸盤タイプって最高だと思う。貼りつきが良ければですけどね。きっと裸のiPhoneなんかにジャストフィットすると思います。ダッシュボードに貼る吸盤ベースも、家にあるものを加工して3Mの両面テープで貼ろうかなと思ったのだが、そもそも直径80~90mmの吸盤ベースって色々売っているようだ。
ちなみに、吸盤タイプをフロントグラスに貼り付けている人もいるでしょうけど、一応法律上はダメらしい。吸盤のお守りもダメらしいよw。

とか言いながら、買物時にセリアに寄った時に、吸盤ベースじゃなく、以下リンクで1位のスマホホルダーを買ってみた。吸盤ベースを108円で買うより、スマホホルダーを108円で買った方が合理的かなと思ったのさ。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/012800134/?P=3

この100円アイテムですが、強い両面テープが付いてきているので、接着面をウエットティッシュで綺麗にしてから張り付けるだけなんですね。100円なので複数買っても痛くもかゆくもない。両面テープとか買いそろえるより、これを買った方が良いでしょう。首もフレキシブルに調整できるので縦でも横でも使えて最強です。iRingが付いてるiPhoneもZenFone 2 Laserも問題無く固定出来ました。バネが固いとか、あまり実用上問題になるとは思えないけど揺れるってのが欠点かな。

もともとダッシュボードの中央付近に私のスマホスタンドが設置してあるので、左右対称に助手席用的な配置で設置してみた。サブスマホで使っても良いし、嫁スマホの充電時に使っても良い。そんな感じだ。

カーステはDEH-970を使っているので音声はBluetooth接続だ。iPhoneの最新OSではBluetooth接続されたらレジュームが効かない(最新USファームに更新すれば効くらしい)が、ZenFone 2 Laserではレジューム再生が有効だったのは、うれしい誤算だった。まぁ、レジュームしなくても良いんだけどね。ちなみに、SIM無しZenFone 2 LaserでBluetoothオーディオ接続とBluetoothテザリング子機は同時に出来ました。なので、AbemaTVとかYouTubeも見れますね。

Gベクタリング・コントロール

マツダがGベクタリング・コントロールというものを公開した。

良いアイデアだと思う。私たちのようなオッサン世代には、車こそ正義!という価値観があり、運転が上手になりたい、うまくコントロールしたいという共通認識があるように思う。が、相対的に車の価値観が下がった現在において、そういう熱量は甚だしく下がったように思う。

ハンドルを切ったら曲がるのが当然、スピンに至る過程などに思いを馳せるより、ゲームのように車がサポートして安定性を向上させてくれる事に主眼を置く。確かに一面では正しいし、安全には繋がるが、今までの車側サポートは受動的だった。Gが発生してから一定以上のGにならないようスピンしないように制御するなどブレーキ主体で後付でアクセルだ。スポーツモデルでは、曲がらないなら駆動力を左右不均衡にして曲げてやろうというようになるワケだが、これも安価にやろうと思えばブレーキで内輪側に軽くブレーキ。殆どがABSブレーキを進化させたことによる制御だし、LSDの代わりにもブレーキを使う。

私は、これが嫌いだw

スポーティに走ればブレーキのマージンが足りなくなる経験をしているから、早めにブレーキが熱ダレするのが分かっている行為に懐疑的。何より、制御が荒くて、日常的に必要な時に役に立たないから嫌いだ。アイスバーンでの発進で効果的に効くんなら認めてやらんでもないが、派手に空転する状態になってから制御するんではアイスバーンでの発進には役に立たない。確かにスピンモードに入ろうとするのを止めてくれるのは事故防止に役立つが、日常でのありがたみが殆ど無い。冬の高速道路でスピンモードに入る前にハンドルとアクセルで調整してしまう事が日常の人にとって、出番が非常に少ない。こんなレベルでは、足回りのアライメントを正しく調整された車の安定性の方が遥かに良いことだと思っている。なのでブレーキでの制御は相対的に利得が薄いと感じるワケです。

つまり、私が良いなと思うようになるには、より積極的なGコントロールへのアクセル介入が必要なのだろうと思う。アイスバーンの高速道路を如何に真っ直ぐ走るかが重要。アイスバーンで無ければ、砂利道でも良く、そういう時の僅かな挙動を制御してこそ効果が実感出来て、あぁ良いものだと思えるワケです。つまり日常的にアクセルを1~2mm程度緩めたり踏んだりしてアンダーステアとオーバーステアを調整するような制御と同等の事をしてくれなければ、私にとって価値は見いだせないのです。高速道路の車線変更なんて、ハンドル1割アクセル9割で行っていると言っても過言ではないだろう。まぁ、何はともあれ、マツダは高速道路の車線変更程度の領域でG制御をするようになるようだ。

http://www.webcg.net/articles/-/34448?page=2

記事にも書いているが、エアコンのコンプレッサーON/OFFより小さいトルク変動の領域を制御してくれなければ意味が無いのだが、まさにそこ領域にメスを入れたようです。これこそが現在必要とされている制御だと思う。商業的に成功させるには、保険会社と協力して高速道路の事故率などを整理すれば良いハズ。最初はオプション設定でもアリだと思うのだが、目に見える価値というものに目が行きがちな自動車業界が、どこまで出来るのか見ものだ。

おまけ
高速道路の車線変更時って何をしているのだろう。

1.アクセルを緩め(トルク制御9割)+ステアリングをちょっと切って(ステアリング1割)向きを変えたらステアリングを戻す
2.車線を跨ぐ時は若干アクセルを踏み、挙動をアンダーステア側にする(ヨーが残っている)
2.ステアリングは中立付近だが轍の影響をステアリングで打ち消す(路面が荒れている)
3.目的車線に移動したら、アンダーステアを維持しつつ直進に戻るのにステアリングを切る
4.巡航用にアクセルを戻す

番号はあえて2が二つあるので間違いでは無い。これらの制御、どこまでマシン側がサポート出来るかは、開発者の意欲によるのだろう。これらを支える技術は全て世に出ているはずだ。まぁ、そもそも車線変更だけを考えれば、4WSで横に平行移動が一番だと思うけどねw。そうすれば加速も減速もほぼ必要無いだろう。だけど、人間の感性との違和感が出るだろうから、ステアリングとアクセルの協調制御が一番かな。でも何でもかんでもマシン側がサポートするよりも、ステアリグは人に残して路面状況を把握するインターフェースとして残した方が良いかもしれない。車の状況把握は腰と手で感じるものだからね。お助け程度の4WSはアリだと思うけど。そういう意味でも、マツダが着手したところは実にツボだと思う。何せ機構を複雑化させずに済むのだから。

センサー、木刀

2012年6月時点、納車から3か月の頃、ゴルゴンの不具合箇所が一通り解消された。その時に交換したパーツは以下だ。多分だが、一部部品が正常動作車両からの剥ぎ取った中古だと思われる。

2012年6月時点交換部品
0.バッテリー交換
1.ウォーターポンプ交換
2.ウォーターフランジ交換
3.ATF&ストレーナー交換
4.ATFクーラー交換
5.クーラント交換
6.エアマス交換
7.水温センサー交換
8.O2センサー交換
9.サーモスタット交換

この2016年2月に車検を受け、その後3月末にエンジンチェックランプが点灯し「EMISSIONS WORKSHOP」と警告が出たので、多分O2センサーの劣化だろうと判断し交換に踏み切った。併せて交換したものも含めてリストアップしておく。

2016年4月時点交換部品
1.O2センサー交換
2.リアブレーキパッド交換
3.Oリング交換(冷却水ニジミ対策)
4.クーラント交換

これで遠出も安心。なお、O2センサーの警告は一晩寝たら消えたので単なる接触不良かもしれないが、再発すると気持ち悪いので交換に踏み切った。保険ですね。これで2022年を迎えられるくらいエンジン回りのセンサーは交換されたことになる。考えてみれば、走行距離の割にタイヤが減らないかも。車齢14年だけど、バランスとれたいい車だよ。わたしのところに来て27000kmは走っているんだよな、その半分は夏タイヤだとしたら、もっと減ってもよさそうなものなのに...これって良い事だよねw。

で、GW最後、天気が良かったから昼から夕方までドライブに行った。行先は洞爺湖。新緑を感じたり、昭和新山のパゥワーを浴びてきました。温泉街でわかさいもでも買って帰ろうと思ったのだが、越後谷を発見。あ~、あれが銀魂の聖地か...と覗いてみたワケです。昭和新山の土産屋でも木刀に洞爺湖って彫って売ってましたから、どうせなら本家?かなと。んでもって、糖分・チビ木刀・銀という携帯ストラップ的な何かを買って帰ってきましたw。スゴイね、越後谷さん。銀魂とともに洞爺湖で生きてます。そんなお店でした。どう考えても売り上げの殆どがアニメグッズだと思いますよ。

どうせポリも多いだろうから流れに乗って安全運転、中山峠も混んで無かった。結果的に運転はエコですから当然と言えば当然なのですが、どうもウチのゴルフワゴンは峠が好きなようで峠を越えると燃費が良くなりますw。所要の関係でドライブ前後に給油したら、この日の燃費は満タン法で17km/Lでした。220kmくらい走ってハイオク1500円で事足りましたよ。いやぁ~十分エコだわ。今までのトータル11.6km/L。4年以上かけて約35万円のガソリン給油をしたようです。結局、この日は糖分・チビ木刀・銀という携帯ストラップ的な何かの方がガソリン代より高かったのでしたw

プチドライブの結果、相変わらずの燃費だったことが分かりました。O2センサー交換の効果があったのか無かったのかは不明ですね。ま、木刀に笑わせてもらったので、良いドライブでしたよ。

車載スマホホルダーはマグネット

車のスマホホルダーが劣化してきた。すぐピンが抜けるようになってしまった。

最近思うのだが、クネクネアーム式があるじゃないですか。あれとマグネットを組み合わせ、更にスマホの背面に金属板を貼り付けたら、脱着も簡単になって良いんじゃないかと思うワケです。位置決めがシッカリ決まれば場所や角度は固定と考えれば、安くて頑丈なマウントが出来ると思うんです。マグネット式には夢がありますよね。マグネットを固定できるステーは何でも良いのだからホームセンターにあるもので自作しても良い。端末側は適当な鉄板を貼り付ければ良いし、何か家に余ってそうだし。何なら、スマホケースの中に薄い鉄板を仕込んでも良いかもしれない。

基本コンセプトはコレ。100均でネオジウム磁石を買う。鉄板を買う。あとは両面テープw
http://blogs.yahoo.co.jp/runwild1992/40935810.html
http://blogs.yahoo.co.jp/runwild1992/40950892.html
http://blogs.yahoo.co.jp/runwild1992/40953123.html

オサレな製品としては、こんなのもあるようだ。
http://fumigucci-1.hatenablog.jp/entry/2015/09/06/173021
http://rasheen-life.sunnyday.jp/blog/rasheen-smartphone-hold/


ふと思いついたのだが、今のスマホホルダーのピンが劣化しているなら、マグネットを両面テープで張り付け、iPhoneには鉄板貼り付けて固定してみる手もあるな。スマホに直接両面テープで張り付けるのがイヤなら、保護テープを張った上で両面テープで鉄板固定しても良いだろう。うん、意外に良いアイデアかもしれない。縦横ナナメw、どんな回転にも対応できるようになるしね。

世の中には、面白い人が居る。無いなら作れ、作るなら木だ!
http://blog.livedoor.jp/vaio_sony/archives/53190580.html

木なら造形は比較的自由になる。スタンドを固定する場所が無いなら木で作るという手もある。発想の転換かも。

100円ショップのスタンド類を最大限活用して自作すれば良いんじゃないかなと思う。
http://www.snowmobilechq.com/snowmobiles-for-sale-100.html?ytid=P3BV9-wgx7E&qs=Snowmobiles+for+Sale

自分の気に入る製品を買おうと思ったら5000円以上しそうだし、それでも何らかの制限があるワケです。それなら、これを車内に複数個所設置して、シチュエーションに合わせて場所移動とか。マグネットと固定リングがセットで1000円チョイらしいよ。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20151205/ni_cdn13419.html

そういえば、iPhoneでほぼフルコントロールできるカーステを買った人が居たな。マウンタを自作してマグネット固定にしたら、脱着が簡単なのに安定するとか、かなりアリなんじゃないでしょうかね。ナビにも使える場所に固定とかかなり幸せになれると思います。窓が切り立った車なら、窓に固定しても良いよね。

超簡単なのは、これだけですねw
http://minkara.carview.co.jp/userid/186746/car/1819627/7018532/parts.aspx

ヤバい、磁石に無限の可能性を感じるw。
http://reliphone.jp/daiso-lightning/

上海問屋のマグネットも気になりますが、やはりダイソーのネオジウム磁石ですね。とりあえずiPhoneハードケースとネオジム磁石小8個入りと瞬間接着剤を買ってきた。そして家にあった巨大ワッシャーに磁石を6個接着してみた。目分量で接着したので微妙にズレてますw。あとは車に磁石側を貼り付けるだけだ。その貼り付ける両面テープがあったかどうか微妙なのだが、時間が出来たら付けてみよう。今のホルダーに穴あけてネジ留めするのが金もかからないし簡単かもしれない。2個余った磁石は何に使おうかな。
Smartphone Holder for Car
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR