FC2ブログ

iPhone4導入21

アラーム機能が欲しい。しかし、純正のアラームにはバイブのみというのが無い。なんてセンスだ。これは入れなくてはならない。というのも、バイブモードにしていても、アラームは鳴る仕様なんだな、これが。余計なお世話だよねぇ。でも目覚ましとしては優秀なのか?

ttp://timepotter.wordpress.com/2009/02/10/iphone%E3%81%A7%E7%9B%AE%E8%A6%9A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%96/

そんなワケで、着信音に無音10秒の音声ファイルを入れて、それに設定するというのが良いらしい。早速、上記サイトから無音ファイルをダウンロードして、先日導入した「CopyTrans Manager」でファイルを入れた。あっさり設定できた。めでたし、めでたし。

なお、着信音設定時だが、何気にCydiaで入れたBlack SabbathのParanoidを間違って触ったら、バイブモードなのに音が鳴りだして困った。バイブモードでも音がなるらしい事を、思いがけず体験してしまった(苦笑)
スポンサーサイト



JETTA北米仕様

読み流していた記事を見たら、すごく面白いのがJETTA。

ttp://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000022999.html?word=%A5%D5%A5%A9%A5%EB%A5%AF%A5%B9%A5%EF%A1%BC%A5%B2%A5%F3

確か北米仕様は安価にするために、リアサスをGOLF4まで使っていた「トレーリングアーム」に戻したはずだ。というか、トレーリングアームにするついでにホイールベースも70mm(全長で90mm)伸ばし、リアシートの居住性を向上したみたい。

今までシリーズの全長は、JETTA(A2)で4390mm、Ventoで4370mm、BORAで4375mm、JETTA(A5)で4565mm、JETTA(A6)で4640mmと、どんどん長くなっている。なんと今乗ってるVentoより270mmも長いらしい。

さて、それよりもっと面白いのが、なんと北米仕様には170馬力のV5が存在することだ。しかも2.5Lだって。これってなんじゃろ?V6だと 3.0Lが出来上がる排気量だぞ。非常に気になる。すっごい気になる。ボア&ストロークが知りたい。BORA後期は2.3Lで日本仕様は170馬力出ていたが、前期は150馬力だった。多分、北米では保険料の関係で前期V5相当が続いていて、今回の新型でもスープアップ版という事なのだろうか。

たまらなくなって、USAのサイトを見に行ってみた。
ttp://www.vw.com/jetta/en/us/

まず、値段に愕然とした。一番安いSは$17735って約150万(85円/$)じゃないか!?あ、1ドル130円換算したら、国内の1.4TSIとSELが同じくらいになるんだよなぁ。円高...全然還元されてないなぁ。VWがウハウハという罠か。

S,$17735
SE,$20550
SEL,$23455
TDI,$22830
Limited Edition,$18295

グレード展開は5種類でTDI以外は案の定2.5L V5 170馬力のレギュラー仕様のみだった。そもそも2.0L 直4が無いし。う~ん、5MTと6AT(ティプトロ)があるように見えるなぁ。多分、JETTA(A5)の日本もモデル初期にあったトルコンATなんだろうなぁ。なんか値段については分かったし、エンジンについても分かった。北米ってエコじゃないんだねぇw。

で、V5のボア&ストロークだけど、82.5x92.5mmだって。このストロークは見たこと無いなぁ。ボア82.5mmってのは過去にもあったけどねぇ。多分、北米の税制で2.5Lが何某かの境界なんだろう。それに合わせたという事か。

iPhone4導入20

音楽をiPhoneに入れてみようと思う。いまさらw

音楽だけを弄りたいのに、同期しようとしたらゴニョゴニョしたアプリが消えますよ...なんて余計な事を言ってくれるiTunes。極める気にもならん。何ならiTune使わなくても良くらならないかと、音楽アプリを探したら、あるじゃない。

CopyTrans Manager
ttp://www.copytrans.jp/copytransmanager.php

これで良いんじゃないでしょうかね。同期なんて必要ない。そもそもメインで音楽を聴く環境はWalkmanだし。まぁ、チョコチョコと入れて視聴できれば良いので、これでOKですね。もちろん、大量に入れようと思ったらiTunesを使って、HDD内でガッチリ作りこんでから同期する方がいいのでしょう。

CopyTrans Managerの使い方
1.左上にある「カテゴリ」は「音楽」と「着信音」になっているハズ
2.このカテゴリで音楽を選択すれば、一番大きな領域には、現在入っているものが表示される。
3.この一番大きなカテゴリに、音楽ファイルをドラッグ&ドロップ(マウスで曲を持っていく)すれば、とりあえずソフト上にコピーされる。
4.この追加したたファイルの情報をきちんと修正する。
(ジャンル、アーティスト、アルバム、ジャケット画像、曲順などを正しく設定すると、再生時に見やすい。)
5.アップデートというボタンを押すと、iPhoneに転送が開始される。
6.なお、着信音を追加したい場合は、着信音カテゴリに追加すれば良い。ただし着信音には拡張子がm4rのAACで40秒以内という縛りがある。

果たして、激しく使っているワケでも無いのに、何か吹っ飛ぶ事ってあるんでしょうかねぇ。それさえ無ければ、アドレス帳と最小限のバックアップだけと考えればiTunesの出番は少なそうです。しかしWindowsのアドレス帳と同期するとかいうアフォな仕様はどうにかならんのか。

iPhone4導入19

Bluetoothのヘッドセットが気になって、安物チャレンジしてみる事にした。ドスパラで2180円で一個落ちていたのをゲットした。理想を言えば、こんなに評価の悪い製品に手を出したくは無いが、まぁ安いから実験だと思って試してみた。iPhone 3Gで使えているというクチコミもあったしね。
本格的に使おうという気になるかどうか不明なため、USB接続のドングルは買わなかった。使用方法はiPhoneでのSkypeと考えている。

http://kakaku.com/item/K0000013889/

使った感想ですが、市内でのSkype通話は可能でした。音声も3G回線で繋ぐと帯域不足気味ではあるが何とかなったし。調子に乗ってYouTubeなどの音声を聞いてみたけど、これは酷いw。ようは、人の喋る声だけなら、聞き取りに問題が辛うじて無い範囲の音質しか持ち合わせてないため、音楽や環境音が多い音声を再生すると非常に聞き取りにくいのだ。鉱石ラジオについてくるオマケのイヤホンといったカンジか。

まぁ、それでも使用方法を限定して考えれば良いのだろう。本来の使い方だと思うが、電話やSkypeのハンズフリー通話だ。これで使用する限り両手は塞がらないし、音量調節もヘッドセットの左右のボタンで調節できるし。あとは全力案内の音声ナビの音量が小さいのだが、これをヘッドセットで聞くという手がある。
それなりに使える方法はあるのだが、もっと高音質じゃないと幅は拡がらないなぁ。iPhone純正のヘッドホン&マイクがかなりクリアにSkypeで使えているのを考えると、比較すると明らかに見劣りするので、ハンズフリー専用となりそうだ。

あ、ちなみに私は、以下のBluetooth Monoというのを入れてます。果たして、本当にこれが無いと使えなかったのかどうか分かりません。まぁ、来るべきBluetoothのために予め入れていたwので、超お手軽に接続は完了しましたよ。

ttp://b-phoenix.blogspot.com/2010/05/iphone-skype-bluetooth.html

まぁ何はともあれBluetoothの快適さはかなりのものだ。何せ小さくてワイヤレス。今後、快適さを追求してみようとは思う。果たして、どうなのだろうか。

サイト引越し

突然ですが、無料ホームページサービスのisweb(infoseek)のサービス終了の案内が来ました。つまり無料でCGI使えるサーバーが無くなるので困ってます。つまりinfoseek.jpの無料サイトで運営している私のBLOGがあるのも10月末までです。ブログどうしよう。

自宅サーバーも一瞬考えたんだけど、無茶はするなって声が聞こえてきたよw。なので、無料レンタルを基本に考える。

私の選択
1.ホームページについて
過去のホームページコンテンツは弄らず参照専用として無料サーバーに引越し。FC2が、メジャーっぽいし、容量もあるので、ココにしよう。

2.ブログ(今後のメイン)
Picasaとのことも考えGoogleの使ってないブログを使用を考えたが、どうも携帯との親和性が悪い。なので、こちらもFC2とした。

3.掲示板について
一般のBLOGシステムを使うとコメント機能で掲示板の代用となるので、掲示板は廃止する。

いつまでも使えるCGI可能で無料WWWの幻想も崩れ去った。それに視聴端末の多様化も進み、個人のwebでそれを分けてサイトスタイルをメンテナンスし続けていくというのも、なかなか大変になってくる。となると、今のところGoogleサービスが一番長生きしそうに思う。だからサービスの使用は Googleメインにしたかった。でも、携帯との親和性がまだまだだった。Androidとの連動で今後新しいサービスが出てくるのかもしれないが、それはBLOGというシステムでは無いのかもしれない。何故ならGoogleだから。
となると、既存のBLOGというものを利用しようと考えると、現状その手のサービスを充実させようと考えている所のものを利用するのがベストなのだろう。

そんなわけで、FC2への移行を進めている。ここが面白いと感じた理由が、iPhoneからBLOGを管理するアプリが出ていたのもあるし、 BLOGの見た目もhtml編集可能だった点だ。それこそ本気で弄ったら、かなり自由度があるんじゃないかな。あと、投稿日も変更できるし、予約投稿なんてのも出来る。

というワケで、FC2に引っ越したワケです。早速、きりの良い所の過去ログを入れてみて、この記事にいたるワケです。まだサイトの全体像を決められていないのでBLOGだけです。ここから、過去のコンテンツ等の整理が付いたらリンクを張るようにしよう。そんな感じで暫定運用することにしました。

iPhone4導入18

iPhone4で無料で青空文庫を読む方法が分かった。いろいろと手を尽くして、Stanzaで読むという考えに至りePub形式にしてみようとしたが、納得したルビを再現できなかったので、iPhoneはGB単位の容量を持っているのだからPDFで見る方法でいこうと考えた。ビューアはStanzaだ。

1.青空文庫からルビつきのtxtファイルをダウンロード
2.青P(PDF変換)にて、ルビつきのPDFファイルを作成する
3.出来たPDFをDropboxに入れる
4.iPhoneでDropboxにて作成したPDFを開き、Stanzaに保存
5.StanzaでダウンロードしたPDFを見る

これで完璧。楽勝です。

青P(PDF)の詳細設定
縦書き、A6(縦)
フォント:C:\WINDOWS\Fonts\HGRSKP.TTF
フォントサイズ:本文16、ルビ8、ページ10
行間:8.0
文字の間隔:2.0
段組:1
段の間隔:0.0
ページ番号:中央、2.0
余白上下:3.0、10.0
余白左右:3.0、1.5
余白反転:チェックなし
挿絵の直前で改ページ:チェックあり

ちなみに、使用フォントはHG正楷書体。これはOfficeが入っているPCには、まず間違いなくあるフォントだと思います。変な話ですが、 Officeのベータ版なんかを入れてもPCに入るはずです。これが入手性が良くて小説用に良いフォントかもしれません。ダイレクトに指定するには「C:\WINDOWS\Fonts\HGRSKP.TTF」としなくてはなりませんでした。リストに出てこないんですよね。
まぁ何はともあれ、青空文庫の無料版アプリで青空文庫を読んだのと遜色なく見れるようになった。青空文庫などは、専用アプリを使って読むのが一般的だと思うが、たまに落ちている青空文庫テキスト形式をダウンロードして、それを読む場合には、今回のようにPCでサクッとPDFにしちゃった方が手っ取り早いようだ。この方法を応用すれば、自炊漫画なんかも同様にPDFにしちゃって簡単に読めますね。

PS.最初は画像にしてゴニョゴニョしようとしていた。この時の青P(PNG)の設定。出来たのをZIP圧縮してiPhoneに放り込めば、 iComicで読めます。Dropbox経由でやるのが接続が無くて楽かも。沢山入れる場合はiFunBoxが良いでしょう。まぁこれだと有料アプリになっちゃうんだけどね。
画像サイズ:640x960 縦書き
本文:@HG正楷書体-PRO 32
ルビ:@HG正楷書体-PRO 16
ページ:@HG正楷書体-PRO 16
行間:16
段組:1
文字間:2
ページ番号:中央 8
余白上下:32
余白左右:16
余白反転:チェックあり

iPhone4導入17

iPhoneを導入して、Googleカレンダーとの同期について考えていた。最初はメールアカウントを何も考えずに設定したら、カレンダーの同期設定をONにする機能があり、それで良いかと思っていた。だが、もともとGoogleカレンダーにはカレンダーの共有というか、ほかの人の予定も見れるようにする機能がある。これを表現するためには、違った設定が必要だった。

ttp://www.appbank.net/2009/06/24/iphone-news/33309.php

この設定が良いみたいだ。実際やってみたら成功だった。

私のGoogleアカウントは、お仕事用?と遊び用とを持っている。私のお仕事用?と遊び用アカウントは、どちらからでもどちらの予定も記入削除できるようにしている。考えてみれば、1アカウントで複数カレンダーを作っても良いのだけど、まぁいっかw。
お仕事用は職場の私のサポートをしてくれる人に閲覧のみの共有をしている。私のサポートの人には休暇予定などを入れてもらっており、私の方では閲覧のみだ。これで出先でも、何時なら人海戦術での対応が可能かを判断できるのだw。あと私は仕事の予定のほかに個人の遊び予定なども入れているわけで、それをiPhoneで見れるようにしているワケです。まぁ大した予定が入っているわけではないですけどねw

ちょっと予定が見にくいのは「さいすけ」などの有料アプリを使えば解決されるが、無料でどこまでいけるか試すのだ。あとはRemember the MilkというTodoアプリ(いつまでに何をするかエンドを記載するアプリ)も気になるけど、とりあえずコレで良いかと思う。

PS.Cydiaいじっていたらテーマの中にDioのRainbow in the Darkがあったのインストールしていた。設定で画面には反映されるテーマじゃないんだなぁと確認はしていたのだが、いつの間にか電話の着信音がコレになっていたw。まぁ好きだから良いかと納得していた。

Ventoマフラー修理

Ventoのマフラーが再び裂けた。というか、最近フケが良いなと思っていたんだよ。裂けてきたからフケが良くなるって、容量不足でフン詰まりだったのかも。他車流用は排圧の関係で無理だと判断したので、こうなったらVENTO用で探すしかない。

結果的に、パーツ相模にたどり着いた。下手な中古を買うより良いだろう。送料980円+代引き420円だった。代金を振り込みに行くより、代引きにした方が、便利だと分かった。2万円でおさまった。

ドイツERNST
リアマフラー¥16.800-
マフラークリップ¥1.575-

ANSAは鉄板が薄いらしい。ドイツERNSTは、OEMの生産メーカーらしいので、純正相当なんだと期待している。で、どこのを買っても、パイプの途中で切断するタイプなんですね。ちなみにレムスのぼろぼろ中古が5000円程度でヤフオクにあったが、耐久性を求めているので、こっちの方が安心だ。で、私の買ったのはジョイントが10cm程度の独立したものなので、接続が簡単確実です。

外す時にどう裂けたか見たけど、前回修理時のタイコ前のパイプ溶接の手前が切れてました。タイコも裂けてたけど、メインの原因はパイプだった。どうやら前回の溶接で溶接部近傍が溶接の熱でやられて、腐食が早かったんだろう。なるほど、溶接近傍は弱くなると...となると、今回は切断&ジョイントで挟み込んで接続するだけなので、同じことは起こらないと考えれば良いかもしれない。

仮組みして排気漏れをチェックしたけど、ガンガム等使わずに排気漏れも無かった。だから、そのままでOKとした。純正OEM、なかなか優秀です。

なお、パイプ切断のポイントですが、ディスクグラインダーで車載のまま切断したのだが、ディスクグラインダーで切断可能だった位置では、センターマフラー側パイプの切断位置がちょっと長すぎたのでマフラーも2cm近く切断した。切り口はディスクグラインダーの歯を削り用に交換してパイプに隙間が出来ないよう削った。これがベストアンサーだと思う。

オチとしては、やまヲさんが、マフラーを余ってた耐熱塗料で塗装してくれたんだけど、タイコだけじゃなく出口まで黒くしようとしてくれた。私は出口は純正っぽくシルバーのままが良かったので、慌ててストップした。やまヲさん曰く、黒カッコいいでしょ...だって。う~ん、人の価値観は様々だなぁw。

今回の作業はやまヲさんに全面協力いただいたので、うちに寝ていた各種スプレーでやまヲさんが使いそうなものを進呈した。ノックスドールやキャブクリとかね。

実はABSユニットの基盤の再ハンダもやったのだが、そっちの方が手間がかかった。それでは治らなかったけど。きっと各輪のABSセンサーに鉄粉がテンコ盛りになってるんじゃないかな。夏タイヤの溝がないため来月後半にスタッドレスへの交換予定なので、その時に洗浄してみようと思う。ABSユニットはリューターでケースを切断して開けたのだが、なかなか頑丈だし、ケース内のパーツを切断しないよう慎重に作業せざるをえなかった。また、結局空振りだったけど、ハンダの怪しい個所を特定するために何度も切り裂いたため、ABSユニットのケースはフランケン状態になった。ホットボンドで接合したら、ご覧の通りですw
2010_09_06_1.jpg
2010_09_06_2.jpg
2010_09_06_3.jpg

iPhone4導入16

iPhone用壁紙を作成してみよう。というのもWinterboardでテーマを探してみたけど、フェラーリとランボルギーニだった。しかもエンジン音は一緒だったんで...だったら壁紙とロック画面だけで良いから作ろう。

壁紙の解像度を調べてみたら960x640らしい。まぁ、何はともあれ既存のデジカメデータから背景画像を切り出し、文字やロゴはネットからダウンロードして、いつものPaintShop Pro8を使って作成した。

iPhoneへの転送だが、面倒なのでDropboxで表示して、それを保存したらカメラロールに入っていた。これが簡単かもしれないね。

で、あとはトップページには、アイコンを置かなければ、バッチリ。まぁ、こんな感じかな。
2010_09_04_1.jpg

iPhone4導入15

先日、古い無線LAN USBでiPhoneとアドホック接続しようとしたが、一度はつながるが、その後接続できなくなったりしており、どうもうまくない。アクセスポイントモードというかWindows7のSoftAPに対応した新しい無線LAN子機を買えば何ら苦労せずつながりそうだし、IPアドレスの指定すら不要となる。というわけで購入を検討している。だいたい値段は2000円以下。何日も悩むくらいなら買ってきた方が幸せだろうね。

さて、iPhoneとPCとの無線LANでの直接接続がなぜ必要か。職場でiPhoneで撮影した画像をサクサクと落としたい時に便利だからだ。その接続ソフトも見つけた。ServersManだ。正規アプリなのに無料だったりする。

ttp://serversman.com/

使い方については、以下を参照。

ttp://ascii.jp/elem/000/000/211/211595/

こいつでiPhoneをサーバー化する事が可能だ。なんだったらWebサーバーも可能らしい。カメラロール(デジカメフォルダ)をコピーして、公開する事も可能だ。完全に一般公開する方法と、ログインしてアクセスする方法とを選べる。通常は、ログインしてアクセスする方法が良いだろう。こいつはブラウザでFTPする感覚だね。

こいつのメリットは、iPhoneとパソコンの接続形態によって、3G経由だったり、Wi-Fi接続だったり、Wi-FiもVPNで接続したり、同じ無線ルーターにぶら下がってたらP2P接続になったりと、勝手に選択してくれる優れものらしい。

使い方次第だけど、iPhoneをオンラインストレージとして使うことが可能になるわけだ。Dropboxも使っているけど、そこにチマチマと写真を一枚ずつコピーするのが面倒だったのでネットを検索したら、今回のようなアプリに出会ったわけだ。そのうち、写真をワイヤレスでPCに転送するのに使ってみよう。

iPhone4導入14

JBしてからCydiaでアプリをインストールするのだが、何が良いのか悪いのか、ネットで検索して目ぼしい物をチマチマ入れている。ちょっと誰かの便利アプリを探らないとな。

www.ipod-repository.net/./Package.lzma

この中で気になったものだけを抜粋してみよう。

aTimeTool – 時間指定で電源のON/OFFが可能 (ケータイのオートパワーオン、オフと同様)

あれば良いような気がするが、考えてみれば、絶対に電源を切っていても良い時間って2~3時間しかないことに気づいた。弄らなければバッテリーもくわないし、あまり意味無いか。

Display Recorder – スクリーン画面を録画出来る

当分使う予定は無いけど、あればあったで役立つかも。スクリーンショットだね。

My3G – Wi-fi専用アプリを3G環境で使用可能

たまに大容量アプリのダウンロードにWi-Fiのみとかいうのがあるので、出先でどうしてもって時に、あると嬉しいかも。

MyWi – テザリングでiPhoneをモバイルルーターに

パソコンメールをどこでも使いたい場合に、コレがあればネットブックがどこでも使えるのだろう。

Rotation Inhibitor – 画面を縦横固定

寝転がってネット巡回・動画を見る時に役立ちそう。

SysInfoPlus – システム情報を参照出来る

まぁ、見れた方がいいよね。

というわけで、気になったけどさっそく入れなきゃとなると、SysInfoPlusかな。画面回転って、調べてみたらiPhone4は標準機脳だったw。MyWiは有料っぽいし、考えてみればその時iPhoneは使えるんだから、必要な時ってそうそう無さそうだよね。
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR