FC2ブログ

Core2で引っ張るだけ引っ張る

自宅PCだがLGA775のPentium DualCore E5200を使っているが、全く快調である。というか2007年11月にE2160で組んで、途中で実家にそれを送り込んで、自分用をE5200に更新したのだ。最近は速くなければ意味が無いしデスクトップを使う時間も短くなっているので、2009年3月に導入したE5200は、FSB280_3.5GHz、Memory4GBという状態で常用されている。LGA775プラットフォームでほぼ変わらない性能の状態で使い始めて3年8ヶ月が経過している勘定になる。いつもの私?なら、PCの中身が丸々プラットフォームごと交換されててもおかしくない期間が経過しているのだ。

PCを改造しようとしたとき、4Core_3GHz,Memory8~16GBとか考えていると、だいたい3万円を超えてしまう。この値段が微妙で、タブレットPC(iPadのAndroid版ようなもの)というか中華パッドが買える。というか今は4万円あればOS付き有名メーカー製ノートPCが買える。中途半端にパーツを買うのが馬鹿らしくなる。
LGA775環境でWindows7も何ら問題無いことを考えると、もうパーソナルコンピューターのドッグレースは終わりなのかもしれない。今のデスクトップPCは最後にCore 2 Quadにしちゃえば、上記のノートパソコンより上等な環境構築が出来ちゃうんじゃないのかなぁ。値段の安さとか使用クロックを考えると、45nmステッピングに拘る必要もなく、中古相場も安いCore 2 Quad Q6600(G0)を3.0GHz常用で良いんじゃないかと思うですよ。うん、E5200の下取りがきく今のうちに、Q6600を入手しよう。
スポンサーサイト



USB扇風機改

私には扇風機が必要だ。暑がりなのだ。しかも私の席は何故か暑い。空気の流れが悪い。そこでUSB扇風機を数年前から使っているのだが...

http://kakaku.com/item/K0000250113/

これは3年前に買ったのだが猛烈に五月蝿い、ファンが小さく風量が少ない、スピード調整が無いとダメダメだった。ただ面白いのはマブチの130が仕込まれている。使ってたらブラシがすぐ無くなりそうだが、交換も手軽かもw。今は大型の羽を付けているのだが、そこそこ羽のバランスが良くなったせいか、少し静かになったし風量もソコソコある。外出から帰ったときなど、急冷が必要なときに使っている。

http://kakaku.com/item/K0000250115/

速度無段階調整に憧れ、1年前にこいつを導入した。予想より静かではなかったのだが、風量調節もできるので、それなりに満足していたのだが、今年に入りモーターが壊れ停止した。会社の先輩から似たような機種の電源部分が壊れたものをもらったので、そのモーター部分を挿げ替えて使っているのだが、長時間使っているとファンの回転が止まる。どうやら回転数を調整する部分も寿命を迎えつつあるようだ。

私は思った。こうなったら余っている12cmファンを使って扇風機にしちゃおうと。そこで、長年出番を待っているマルチアダプターを思い出した。

http://www.tech-jam.com/items/kn3312945.phtml

3.0V,4.5V,6.0V,7.5V,9.0V,12.0Vと電圧を可変させることが出来る。そもそもコンパクトだからUSB扇風機を使っているのだが、USB給電にこだわる必要が無いので、このアダプターで駆動する事にする。そうすれば速度も数段階に調整出来る。あとは壊れたUSB扇風機の土台と曲がる首を有効活用しつつ12cmファンを固定できれば向きの微調整はOKだ。ファンは、サイズのCPUクーラーについてきた12cmファン(PWMファンに交換したため使わなくなった)を再利用することにした。さすがに土台に比べ頭でっかちな印象だが重量バランスは何とかなったので土台はこれでOKだ。あとは高さが低いほうが良いのか使ってみてから考えよう。
12cmファン扇風機
今回の12cmファン+マルチACアダプターの組み合わせは扇風機には最適な組み合わせだろう。12cmファンであれば静かさと風量の両立が可能だ。最弱は3.0Vから動作するし、7.5V駆動までなら無音と言って良い。ちなみにマルチACアダプターは約2000円。12cmファンは約1000円。

果たして市販品を買わない理由はどこに存在するのか?と思われるかもしれないが、風が滞るオフィスで年間200日×平均12時間ほぼ回しっ放しだと、2年に1回はコンセントタイプのちびっ子扇風機でも壊れる。というか壊れた。それもモーターが壊れるのだが、逆算してみると5000時間くらいが寿命なのかな。ここでサイズのPC用12cmファン静穏タイプの寿命だが、なんと80000時間とのうたい文句だったりする。仮にファンが五月蝿くなって、実際には10000時間のライフだったとしても1000円だ。維持費も大してかからないのだからアリだと思いますよ。しかも速度調整は6段階だ。これ、最強じゃないかな。

もうAGPグラフィックは終了

友よ、いい加減AGPに拘るのは止めた方が良いよ...

安くてWin7,XPが動けば良いのなら、安いマザボとCPUとメモリというと、私のPC構成と近くなる。

Celeron Dual-Core E3400 約3700円
G31 MicroATXマザー 約4000円
DDR2 1GB×2 約1600円

とりあえず、これで動いちゃいますね。なんと10000円ポッキリだw

CPUもオーバークロックすると3.5GHzくらいで動くだろう。GeForce 8600GT中古を約2000円で追加すると、12000円で無料ゲームを遊ぶくらいまで汎用性のある環境が出来てしまいますね。というか、私の環境と殆ど変わらないw。

このCPUとマザーなんて旧製品になるはずだが新品調達が可能で、メーカー製の安PCには同等なものが売っていたりする。しかも私が使ってる感想だと、相性問題なんぞ起こりようが無いくらいシンプルだし。

余剰パーツは中古で売り払えば、上記環境は1万円以下となるはずなのだ。そんなワケで、ほかのパーツの安定性なども含めたら、AGPグラフィックカードを使い続ける事が幸せに繋がらないという例かもしれないね、これ。

鹿の角

山の方に行くと、鹿の角が落ちている。あれってどうして落ちているんだろうと思ったら、毎年生え変わるからなのですねぇ。使い道があれば拾っても良いかなと思っていたが、JRや飛行機で行った先で見つけたりしていたし、用途が思い浮かばないので躊躇していた。

鹿の角の使い道としては、ナイフの柄という選択肢があるようだ。あとはインド鹿の角は銃のグリップに人気があるがインドが禁輸にしちゃったもんだから幻かな。あと、釣りのリールのグリップとかw。

http://karupe.net/stag.html

使った人の話を聞かないけど、ギターのナット・サドルに使えるんじゃないかと思うが、果たしてどのくらい硬いのか分からない。しかしマンモスwや象の角が使われているのだから、鹿が使われないのには訳があるんじゃないのかなぁ。毎年生え変わるってことは、肉っぽいものから骨っぽいものに短期間で変化する訳だし、柔らかいんだろうか。ちなみに先っぽの方が角を傷めつけて研いでいる?ので鍛えられて硬いらしいようなことが書かれていた。

ナットやサドルに使えないかなぁとネットを見ていたのだが、骨というのを加工するよりタスクや牛骨があるので情報がほとんどない。その中でも、大人ないい音だったなんていう話も見かけたりするのだが詳細不明だ。私のカンだが、鹿の角を使うのならなるべく表面側の密度の高いところを弦側に使うよう細工するのが良いのだろう。どうやら自然に落ちた角は中心の素が多いらしい。ハンターが撃ったヤツの角は素がないのか?と言われると、それも分からん。まぁ結局、人間でいうところの爪みたいなものなのだろうから意外に柔らかいものなのだろう。

で、考えた。その程度の硬さで良いのなら、ローズウッド(紫檀)を使ってナット・サドルを作っても良いと思う。某ハンズには1本150円くらいで直径1cm長さ20cmくらいのものが売っている。用途はマイ箸作成用だそうだw。私が買ってきてみたwww感じでは、まぁ指板に使われているようなローズウッドより目がミッチリ詰まっている。まさしく箸だw。これは硬い。プラスチック並にしっかりした物が作れそうなので、今度ナットかサドルを作成する必要がある時には実験がてら手持ちのローズウッドで作ってみよう。

私が思うには、弦の振動を減衰しないため金属が良いのではないだろうか。ただ生音重視のアコギでは、弦鳴りが五月蝿いために適度に減衰してくれる骨が便利に使われているのだろうと想像する。スタッグホーンナット&サドルが牛骨やプラスチックより材が柔らかいとしたら、音も柔らかくなってスチール弦でもガット弦っぽいマイルドな音が出るのかもしれない。

Radiko

東日本大震災直後の3月後半、仕事しつつも情報は欲しいので、iPhoneでNHKラジオ海外向けインターネット放送を聞いていた。それはRadikoでは無いアプリだった。その時Radikoでは一時的ではあったがFM802なんか聞けたりした(エリア縛りを一時解除)と記憶している。4月の中旬ころから私は異動になってから二ヶ月のあいだ走り続けた。おかげで少し情報に疎くなってしまったw

そんな事実を突きつけられたのが、Radikoの北海道上陸だ。インターネット経由でラジオが聞けるサービスなのだが、北海道において4/20に開始されていた。バッタバタだったから、全然気づきませんでしたw。公式サイトによると「HBCラジオ、STVラジオ、ラジオNIKKEI、AIR-G'(FM北海道)」が聞けるらしい。

http://radiko.jp/broadcasting_area/

これは便利だ。出勤時にiPhoneアプリで聞いてみたけど、バッファを3分にしたら、地下鉄でも途切れず聞けた。これなら使える。ほとんど何処ででも聞ける。なお私感ではあるが、札幌の地下鉄は携帯の電波状況が比較的良いと思う。(東京比)そんなRadikoだけど、それを録音するツールが世の中にはある。私がUSBラジオで録音ソフトとして使っている「録音さん」と同じ作者さんのソフトで「Radika」だ。これがあればエアチェックも可能だ。

http://koukaijo.seesaa.net/

Radiko音質に関してはHE-AAC 48kbpsを利用しているので、AMなら確実にラジオで聞くより高音質。FMに関しては、若干圧縮音楽ならではの気持ち悪さが出ますが我慢できます。現在の私のエアチェック環境であるUSBラジオ MP3 64kbps録音をWalkmanで聞いているのと同じくらいかなという印象です。Radikoは、無音時にラジオのようなノイズは無いのが、一番ラジオとの違いを感じるところかなw。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Radiko
http://ja.wikipedia.org/wiki/HE-AAC

そんなワケでラジオが便利になった。これからラジオの視聴率?ってのが上がるんじゃないかと思う。
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR