FC2ブログ

いつまでもCore2な我々w

実家か引き揚げてきたGigabyte GA-945GCMX-S2 ,Pentium Dual-Core E2160,DDR2 1GBx2というPCをRyuさんに差し上げました。捨てる費用がかからなくてコッチは大助かりです。まぁ、頑張れば働ける子ですけどw。
isweb時代の2009年2月のブログより抜粋。

■抜粋~ここから

http://www.kuroutoshikou.com/products/serialata/saparaid-pcifset.html

今現在1.5TB(SATA150モードに変更済み)と250GB(もともとSATA150モード)を接続しているが相性問題は出ていない。更に1.5TB と500GB(両方SATA150モードに変更)でも正常認識するようだ。とりあえずは1.5TB+250GBの組み合わせでSAPARAID-PCIに SATA HDD 2台、IDE DVD-multiを接続して使うことにした。おかげで、ディスク周りの安定性は再度確保できたので、945チップセットでもFSB1333、 PentiumDC E2160 1.8GHz@3.0GHz動作が常用体制が復活した。ちなみに、945チップセットでのFSB1333動作はPCI,PCI-E,SATA,IDEというような全てのアイテムの供給クロックが上がってしまう。よって、グラフィックが暴走しないよう予めダウンクロックし、HDD,CDなどはPCIカードにぶら下げるようにしてデータの安全性を確保しなければならない。手持ち500GBのHDDはクロック耐性も無かったようで、落ちる原因にもなっていた。まぁ立派なPCIカードを買おうとするとマザボが買えちゃうので、それはナンセンスですよね。だからこういう安物手持ちでの組み合わせなんですよねぇ。なんか440BX時代のFSB133動作を彷彿させるかもしれないけど、まさにやってる事は同じですw。

■抜粋~ここまで

という感じで私は最後にはPenDC E2160で3GHz安定を得ていたようです。SAPARAID-PCIをRyuさんに渡し忘れたので、今の所FSB300x9=2.7GHz動作という状態なんですよね。そのうち渡さないとならんなぁと思っていたら、Core 2 Duo E7300が500円くらいで売ってたから買っちゃったという話。あちゃ~投資しますかw。まぁL2が増えるんで良いとは思いますがね。こいつは倍率はx10なので、3.33GHzでの運用を目指した方が良いかもしれません。

結局、HDDを使っている限り起動速度はCore 2 DuoでもQuadでも変わらない。SSDならQuadの性能を起動時に活かせます。あとは実用上、4コアってなかなか使いきれない。2コアでそれなりのスレッド性能を確保していれば、今のWindowsはソコソコ快適に動いてしまいます。ちなみに、今の格安ノートとかに入っている、Bay TrailなCeleronとモバイルCore 2 Duoの最終?の頃の製品を比較してみた。

http://cpuboss.com/cpus/Intel-Core-2-Duo-E8235-vs-Intel-Celeron-N2830
http://cpuboss.com/cpus/Intel-Core-2-Duo-E8435-vs-Intel-Celeron-N2930

もうね、Core 2をOCしたところで、大した性能は得られないワケですよw。同じ2コア同士、E8235対N2830でクロック2.8GHz対2.16GHzなのにSingle-core Performanceは7.1対6.2というように思ったほどの差じゃ無いんですよ。で、N2930がQuadコアなんですが、2GHz台後半のクロックが出てきたらCore 2 Quadと同程度の性能になっちゃうんでしょうね。

そんなワケでCore 2世代を電圧を上げCPUクーラーを調達してまでOCする意味はありません。定格電圧付近で動作する3.0~3.4GHzの間で使うのが正しいのでしょう。そんなワケで、私もQ8400のOC設定を少し下げます。3.5GHz動作とかの行為はもう楽しんだので、あとは効率よく楽に使う事だけに重点を置きます。なんの捻りも無い設定ですが、FSB400x8=3.2GHzで定格電圧安定常用することにします。達観しましたw

いやぁ、改めて見てみると、最新エントリークラスCPUでも性能はCore 2に近い性能が確保出来ているんですね。使用頻度を考えれば買い替えるほどのものでは無いけどね。

今後はタブレット等を母艦にして、キーボード&マウスをBluetooth接続、HDDをUSB接続、HDMI出力で大きな画面で使えば良いのだろう。そういう時代は直ぐ近くまで来ていると実感した。だってね、Win8.1タブレットのAtom Z3735G,Z3740(Quad Core,1.33GHz)で以下のようなCPU性能なんですよ。

Lenovo Miix 8
http://kakaku.com/item/K0000679823/
http://cpuboss.com/cpus/Intel-Celeron-N2830-vs-Intel-Atom-Z3740

Acer Aspire Switch 10
http://kakaku.com/item/K0000699923/
http://cpuboss.com/cpus/Intel-Celeron-N2830-vs-Intel-Atom-Z3735F

Acer Aspire 10は魅力的だな。キーボードとHDD500GB付だよ。なのにタブレットにもなるんだ。ただ、バッテリーが5910mAhと普通すぎw。うちのYoga Tablet 10(B8000)は9600mAhだし。

何はともあれ、Atom Z3000シリーズは舐めちゃいけないらしい。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20130912_615175.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20130912_615175.htm
スポンサーサイト



Microsoft珍しく太っ腹

Microsoftが珍しく太っ腹だ。

http://japanese.engadget.com/2015/01/21/windows-10-1-windows-7-8-1-windows-phone/?ncid=rss_truncated
http://gigazine.net/news/20150122-windows-10-free-upgrade-ms2015/

Windows7/8.1からWindows10へ、リリースから1年間の無料アップグレードを提供するようだ。

MSのメリットは何か?MSとしては古いIEを一蹴出来るし、今後組み込まれるWindows Updateがどのようなルールになるか分からないが、それが適用可能になる。またアップグレードの無料化を提供したのだから、延長サポートの更なる延長というのを提供しなくても良くなるのかもしれない。あらゆるデバイスがWindows10になれば、ユーザーインターフェースの共通化は重要だから、スマホもモバイルもデスクトップもXboxゲームも何でもWindows10という戦略は分からないでもない。AndroidやiOSに食われたシェアの奪還って事なんだろうね。

そういえばDell Inspiron 1546もWindows7 64bitだから、Windows10化出来るワケですね。今までWindows7で使ってきたけど、家庭用ならWindows8.1以降の方が起動終了が早いから都合が良い。また、Windows8.1以降だとメモリ1GBのタブレットでも動くハズだし、ディスク容量32GBでも運用できるよう改良されているハズなので、自宅PCの無料Windows10化はラッキーかも。

Windows10の延長サポート終了は、今のMicrosoftのライフサイクルだと、OS公開から10年少々なので、2026年の上旬までという事になるのかな。つまり2010年発売のDELL Inspiron 1546は2026年まで動き続ける可能性があるという事だw

そんな太っ腹なMicrosoftだが、Vistaは見捨てたみたいね。Vistaが出たのが2007年、Windows7が出たのが2009年だから、実質的に2007~2008年頃のPCに入っているだけなんだろう。すでに7~8年経っているPCなんだけど、その2007年にCore 2 Quad Q6600が出てるんだよね。つまり、バリバリ現役で使えちゃうワケです。なんか残念だね。ちなみに私が使っているQ8400は2009年発売だ。

さて、Windows10は格安パッケージが提供されるんだろうか。せめてテクニカルプレビューに登録したユーザーには格安提供して欲しいですね。ちなみにWindows10はintel945搭載のネットブックでも動いたようです。SSD64GB,DDR2_1GBが余ってるし、格安中古でも探してみようかな。実家ノートとのVPNのために、あと2年はネットブックサーバを使いたいんで、予備ですね。狙いは以下かな。気長に探して店頭で見つけたらゲットしましょ。

・AOA150:8.9inch1024x600,DDR2 onbord0.5GB+1slot_0.5GB(Max1.5GB)
・AOD150,AOD250:10.1inch1024x600,DDR2 1slot_1.0GB(Max2.0GB)
・MSI Wind Netbook U100:10.1inch1024x600,DDR2 onbord1.0GB+1slot(Max2.0GB)
・HP Mini 2140 Notebook PC(上位モデル)
・Dell Inspiron Mini 10(1024x576,1366x768が選択可能)
・Dell Inspiron Mini 9(1024x576,ファンレス,SSD8GB→要改造)

【追記】
やっぱ、どこでもWindowsな世界構築を目指してるんだろうね。
http://gigazine.net/news/20150122-windows-10-matome/

HDD,SSDの速度、Dell Inspiron 1546でWoT

会社PCに自前のSSDを入れているのだが、これが64GBなのだ。これでも何とかやりくりして耐えているのだが、耐えるのも面倒になってきた。そこでOSをHDDに引っ越して、SSDを引退させようかと考えている。

丸々空いているHDDは250GBなので、それに引っ越すのがお手軽だ。また2000GBのHDDには、セットアップ当初状態のOSがそのまま残っているので、何年か後に再セットアップする際のベースになると思うと、こいつに手を出すのが気が引けるのだ。そこで、これらの対象となるSSD,HDDの速度をベンチで再確認し、冷静に判断したいと思う。ついでに仮想マシンイメージ用に使っている750GBのHDDもベンチしてみた。

結果を見ると、SSDのRead性能は半端ない。特にRandam ReadがWindows起動の高速化に貢献しているのは間違いないのだろう。それに比べたら250GBも2000GBもHDDのRandam性能は大した差では無いように思う。せいぜい動画ファイルなどの出し入れをした場合にしか実感出来ないような気がする。そんなワケで、SSDから250GB HDDにシステムをコピーしてみた。

やってみた結果、起動時間は1分程度から3~5分ほどに伸びたが、起動が完全に完了した後に遅さはあまり感じない。ちなみに、HDDに交換してからプリフェッチは有効にしてみた。スーパーフェッチは無効のままです。これで起動後にオフィスアプリ等がキャッシュされれば、それはそれで良い。なんせメモリは32GBも搭載しているのだから。

一日の大半を起動した状態で使用する仕事PCにおいて、起動終了の快適さはどの程度重要なモノなのだろう。自宅PCのように、ほんの30分使うために、起動時間が5分もかかると困るけど、仕事PCだと起動終了時間が占める割合は自宅の1/10以下になる。起動終了が精神的に苦痛になるレベルでなければ問題ないというのが実感だ。

その後、OSを250GB HDDから2000GB HDDに更に引っ越しし、250GB HDDを現状のOS環境バックアップとして本体から外して保存する事にした。別に250GB HDDにOS入れてる状況と大きな変化は感じないのだが、HDD起動という条件の中で最も使用時間が長く、最も遅いHDDから起動するというのも後々気がかりになるし、そもそもHDD数を上限近くまで搭載しなければならないほどディスク容量に困ってもいない。ここら辺が落としどころだろう。

■64GB SSD
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 x64 (C) 2007-2012 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 348.642 MB/s
Sequential Write : 72.206 MB/s
Random Read 512KB : 309.273 MB/s
Random Write 512KB : 30.820 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 27.357 MB/s [ 6678.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 4.714 MB/s [ 1150.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 111.589 MB/s [ 27243.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 12.978 MB/s [ 3168.4 IOPS]

Test : 500 MB [C: 87.4% (51.7/59.1 GB)] (x2)
Date : 2015/01/07 19:18:34
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)


■250GB HDD
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 x64 (C) 2007-2012 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 67.764 MB/s
Sequential Write : 67.329 MB/s
Random Read 512KB : 30.315 MB/s
Random Write 512KB : 38.800 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.409 MB/s [ 99.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.815 MB/s [ 198.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.763 MB/s [ 186.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.836 MB/s [ 204.2 IOPS]

Test : 500 MB [F: 2.4% (5.6/232.9 GB)] (x2)
Date : 2015/01/07 19:15:26
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)


■750GB HDD
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 x64 (C) 2007-2012 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 89.729 MB/s
Sequential Write : 89.317 MB/s
Random Read 512KB : 32.687 MB/s
Random Write 512KB : 49.177 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.398 MB/s [ 97.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 1.137 MB/s [ 277.7 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.880 MB/s [ 214.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 1.196 MB/s [ 292.0 IOPS]

Test : 500 MB [E: 83.6% (584.4/698.6 GB)] (x2)
Date : 2015/01/07 19:36:03
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)


■2000GB HDD
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 x64 (C) 2007-2012 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 186.668 MB/s
Sequential Write : 176.568 MB/s
Random Read 512KB : 45.738 MB/s
Random Write 512KB : 76.313 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.500 MB/s [ 122.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.977 MB/s [ 238.5 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.182 MB/s [ 288.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.948 MB/s [ 231.4 IOPS]

Test : 500 MB [I: 11.4% (26.1/230.0 GB)] (x2)
Date : 2015/01/07 19:22:27
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)


■80GB 2.5inch IDE HDD(Dynabook SS SX/3211)笑えますw
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 (C) 2007-2013 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 25.297 MB/s
Sequential Write : 22.191 MB/s
Random Read 512KB : 15.182 MB/s
Random Write 512KB : 15.711 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.284 MB/s [ 69.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.602 MB/s [ 147.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.423 MB/s [ 103.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.576 MB/s [ 140.7 IOPS]

Test : 500 MB [C: 84.1% (60.8/72.3 GB)] (x2)
Date : 2015/01/16 22:16:24
OS : Windows 7 Ultimate SP1 [6.1 Build 7601] (x86)

これは遅いわ。スワップ発生したら辛いのもわかる。でもIDEだし、メモリも増設できないから、そのままガンバレw


そして、余った64GB SSDをDELL Inspiron 1546に入れてみた。その結果、超快適なパソコンに生まれ変わった。

AOMEI PArtation Assistantのフリー版で「OSをSSD/HDDに移動」というので実施したら、OS部分だけをSSDに引っ越す事が出来た。そういう使い方だと分かるまで無駄にデータ領域までディスクコピー等をしていた事を考えると、非常に便利な機能だったと知った。

で、もともとDELL Inspiron 1546は異常に遅いと思っていたのだが、問題はやっぱりHDDだったようだ。なんだよ、今までの時間を返せってくらい高速になったので、現役バリバリになってしまった。少々ファンが五月蝿いのが玉に瑕だけどね。しかし、もともと入っていた250GB HDDは何故あそこまで遅いんだろう、謎だ。ちなみにキーボードは、意外に快適に使えたりする。ファンクションキーはデフォが画面の明るさとかになっているが、それが不便なので、ファンクションを利くようデフォ設定を変更しているが、その設定さえしてしまえばブラインドタッチも楽々です。

それで一体何をしたくてSSDを入れてみたかというと、遅い原因の特定は勿論だが、World of Tanksがノート(Radeon HD 4330、Athlon 64 X2 QL-64_2.1GHz)で、どの程度動くのだろうか?というのが気になったからだ。多分最低設定では動くだろうけど、そこそこ動くとしたら、私の自宅用途ではAMDのAPUノートとかで満足するのだろうと思う。

間違ってAsiaクライアント入れちゃったから新たにアカウント作ったり時間かかったが、早速WoTを遊んでみた。グラフィック低で20~30FPSで遊べた。意外に敷居が低いゲームだな。途中FPSが落ちるのが気になるなら最小で遊べば良いけど、これしか無ければ無いで何とかならんこともないという気がした。ただねぇ、やっぱSSDもWindows7 64bitに64GBじゃ容量が足りないね。WoT入れたら容量ギリギリ過ぎw

Microsoft Office for Android Tablet Previewが一般公開

Androidタブレット版のMS OfficeのPreview版が一般公開された。

http://ascii.jp/elem/000/000/967/967718/

私は以前から申請して、ちょっと早めに試させてもらっていたのだが、2014年12月当初時点でフォントが結構化けていたのを記憶している。しかし、度重なるアップデート、いつの間にか一般公開というステップに至り、結構実用的になってきたように思う。

一般公開された次の日に、AndroidタブレットでWordとExcelの資料を外出先で見たり編集する機会があったのだが、普通に使えてしまった。既存のWord文書を一部直す程度であればマウスも要らない。これは結構お役立ちアイテムですよ。公式に無料でMS Officeが使えるんですから、モバイルデバイス様様です。お仕事環境を外出先に持ち歩くのは賛否あると思いますが、打合せで修正箇所の見つかった資料をリアルタイムで送信してしまえる環境があるというのは、本当に助かりますよ。これも、Yoga Tablet 10がAndroid 4.4(KitKat)へアップデートを提供してくれたおかげです。今、Androidタブレットを使うのであればKitKat最高です。逆に言えば、KitKatで使えないものが増えてきたら、機器更新時期という事なんだろう。

【余談】
そんなワケで、Androidタブレットが重宝しているのですが、折角買ったのにBluetoothマウス・キーボードを使ってないですねw。メール返信程度であれば、Notes Travelerでタッチキーボードで十分だからね。そうだった、キーボードのキーマップを変更するのを忘れてましたね。ちょっと調べてみたら、ELECOM専用のAndroid用キーマップがGoogle Playからダウンロード出来るようになってましたよ。公式アプリですね。これは入れなきゃ!

http://app.elecom.co.jp/keyboardlayout/android/

いや~、どんどんタブレットが便利になるなぁ。Windowsノートを出張時に持って歩く必要性がどんどん下がってる気がします。メールの添付ファイル確認がAndroidタブレットで普通に出来るようになると、使い勝手がグッと上がります。

2014年末までの燃費

前回から約1.5年分の燃費データがとれたので、Golf4 Wagon E(2002,1JBFQ)の実燃費を再整理しようと思う。

FR_VW Golf4 Wagon E_2002_130624(前回整理)

走行距離:49,836→58,360km
年間走行距離:8,524km
年間給油量:745.17L
年間燃料費:111,964円
平均燃料単価:150.2円/L
年間平均燃費:11.44km/L
最高燃費:15.47km/L
最低燃費:7.95km/L

FR_VW Golf4 Wagon E_2002_150106

期間:2012/04/20~2015/01/03
オドメータ:49,836→65,433km
走行距離:15,597km
総給油量:1420.03L
総燃料費:220,560円(税込)
平均燃料単価:155.3円/L(税込)
平均燃費:10.98km/L
最高燃費:15.47km/L
最低燃費:7.85km/L
FR_VW Golf4 Wagon E_2002_150106_1345sjis

モード燃費:12.0km/Lだが、年間平均は約11km/Lと下回った。モード燃費に対する達成率は91.7%。高速道路を走った感じでは、80km/h区間では15km/L、100km/h区間では12km/L程度と顕著な差を実感した。流れに乗った速度ですが、結構な違いだよね。なお、前回57670km時点で100%化学合成オイルに交換しているが、1万キロ無交換テスト実施中です。実際の感覚では4000kmあたりから少々煩くなったが、特に消費量が増えるワケでも無い。

http://www.geocities.jp/bequemereise/bora.html

ちなみに上記でエンジンオイルのロングライフ化について書かれているが、本国ではVW503.01で30000km/2年という交換サイクルらしい。なので、2013年6月に100%化学合成に交換したので、2年間というサイクルを守って、夏前に適当なタイミングで交換しようと思います。距離は2年で10000km程度だし、十分なマージンだと思いますよ。2年ごとの交換が良いのか悪いのか本人次第ですけど。

エアフィルターは40000kmくらいのサイクルと考えられているようです。前オーナーはディーラーでの過剰メンテを行っていただろうと想定、前オーナーも年間5500km程度しか走っていなかった事、私の所に来たのが約50000kmという仮定条件から、次の交換サイクルは70000km位で交換すれば十分だろうと想定しています。既に予備は確保済みなんですよね。雪が解けたら一度目視確認してみましょうかね。

ガソリンですが、30L未満の給油と分かっている時にはレギュラーを入れています。オクタン価95程度を割らないよう配慮して給油しているので、何ら走行感覚に違いを感じません。しかし、この正月休みで1300kmも走行したのか。

まぁ、外車って言ったって下級グレードですから、ランニングコストを意識しつつ壊れないよう配慮するというのが、適当な使い方かと思います。

しかし、原油価格は下がりましたね。一時期、税込180円/Lに達した時は怒りを感じたものです。産油国がシェール潰しを本気でやるなら、まだ下がりそうな予感がしますね。
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR