FC2ブログ

Bay Trail RefreshなAtom N3735F(Celeron N2830との違い)

最近気になっているintelローエンドCPUだが、違いはなんだろう。とりあえず、intel的クラス分けは以下が分かりやすい。格安モバイルノートASUS EeeBook X205TAに使われているのはZ3735Fだ。

http://news.mynavi.jp/photo/articles/2014/09/27/baytrailrefresh/images/004l.jpg
http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/27/baytrailrefresh/

これによると省電力モード?がS3から更に向上したS0i3というモードが搭載されたのが大きい。これでARM系(Android,iPhone,Chromebook)と対向出来るようになった。つまり、休止状態が拡張されて高速復帰が可能になり、バックグラウンドで一時的に通電して定期的にメールチェックなども出来るという事だ。従来の休止状態は、そんなに高速じゃなかったもんね。ノートパソコンとして使う分にはS3でも良いような気がするが消費電力に殆ど差が無いなら高速復帰してもらった方が快適か。

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1409/26/news167.html

ちなみにWin10デビューと同時にMSが格安モバイルノートに本格的に乗り出すのは間違いないようです。149ドルラップトップはeMMC 32GBだろうと思うのは私だけ?

http://www.gizmodo.jp/2015/04/windows_101_1.html

ちなみに、Win10デビューが2015夏と言われているのだが、出荷できるAtom底辺モデルというと相変わらず3735Fじゃないかと思う。第一、3735Fは昨年10月頃から搭載機器が出回りはじめ、ラップトップに搭載され注目を集め始めたのが12月(例えばHP Stream 11,ASUS EeeBook X205TAなどのeMMC 32GB仕様)だ。そして、X205TAは2月にeMMC 64GB仕様が登場し現在に至る。そろそろ次のアクションがあっても良いタイミングだが、eMMC 128GB搭載か、Z3745を搭載しメモリ4GB化くらいしか手が無いだろう。なお、WinタブレットではZ3745を搭載していてもメモリ2GB,Win32bitが多い。


安価な11.6inchノートにおいて現在選択できるのはCeleron N2830($107)とAtom Z3735F($17)だ。そして今後に期待のZ3745($30),Z3775($35),Z3795($40)だ。

http://little-beans.net/topics/compare-celeron-n2830/
http://ark.intel.com/ja/products/81071/Intel-Celeron-Processor-N2830-1M-Cache-up-to-2_41-GHz
http://ark.intel.com/ja/products/80274/Intel-Atom-Processor-Z3735F-2M-Cache-up-to-1_83-GHz
http://ark.intel.com/ja/products/80270/Intel-Atom-Processor-Z3745-2M-Cache-up-to-1_86-GHz
http://ark.intel.com/ja/products/80268/Intel-Atom-Processor-Z3775-2M-Cache-up-to-2_39-GHz
http://ark.intel.com/ja/products/80267/Intel-Atom-Processor-Z3795-2M-Cache-up-to-2_39-GHz

メモリやディスク容量を確保したいならPCアーキテクチャのCeleron N2830、拡張性より電池長持ちというなら省電力なAtom Z3735F($17)という選択になる。しかしさ、この価格差を見たら、X200MAとX205TAの価格差が納得いかないよね。実質、CPUだけで1万円違うはずなんだよねぇ。
X200MAは投げ売りって事なんでしょうね。さっさと売ってしまわないと、N2830のCPU性能の低さ(といってもシングルスレッドならN3735Fより高性能)が露呈したら、こんな値段($107)で売れないもんね。ん!?だからX200MAはメモリ4GBとかなのか。それで何とか\5kアップか。
スポンサーサイト



できることは同じ

最近微妙だなぁと思うのが、ノートパソコン。欲しいなと思っていますよ、当然。バッテリーで10h程度実用可能なものなら。


■ASUS EeeBook X205TA
http://review.kakaku.com/review/J0000014771/#tab
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1502/12/news049.html

正直待っているのはCore Mシリーズを搭載した製品なんだが、intelは安価な価格帯へのCPUとは思っていないようだし、値下がりを待つと何年先になるのやら。コストパフォーマンス的にAtom Z3735Fで手を打つのが妥当な気がするが、今使っているノートと比べると何だかなぁと思うわけです。もし私が乗り換えたら…

CPU Clock:1.1GHz→1.3GHz
CPU Core:1個→4個
メモリ:1.25GB→2.00GB
HDD:80GB→64GB
OS:Win7_32bit→Win8_32bit
モニタ:1024x768→1366x768
重量:1.1kg→1.0kg
バッテリー:4.8h→11.3h

10年間の時間経過って何なんだろうって思いませんか?バッテリー持続時間は満足だけどね。だって現状はヘタって1hだしw。64bitOSでメモリ8GB搭載可能であれば、少し長く使えるかなと思うのですが、32bitでメモリ2GBだと正直微妙だな。だが、なにも改造できないので、これ以上金もかからんとも言う。2014年度一杯、Dynabook SS SX/3211で耐えきった。耐える事に価値があるのか非常に悩む。3万だもんな。


んでもって中華タブはどうなったんだ?とみてみれば面白いことになっていた。

■ONDA V919 3G Air DualOS 64GB
http://akafudatengoku.com/products/detail.php?product_id=6132

Android 4.4とWindows8.1が1台に同居した9.7inchタブレットですよ。2048x1536の高DPIなIPS液晶ですよ。えええ~~~ってくらい驚きました。これ1台で仕事もプライベートもOK。500円SIMでOKですよ。速さが必要な瞬間だけiPhoneテザリングで良いですよ。将来的にAndroid4.4のサポートが終わったら、Windows10専用にしちゃう前提でも良いんじゃないかな。


とか思っていたら、Microsoftまで149ドルなラップトップを出すらしい。

■MSの149ドルラップトップ
http://www.gizmodo.jp/2015/04/windows_101_1.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss

MSのことだからWin10 32bit,eMMC 32GB,Memory 2GBだろうと思うけど、SDスロットさえ搭載してくれれば私的にはOKかな。Win10デビューと重ねてくるんだろう。夏かな。あとはバッテリー10hを確保してくるかどうか気になるところです。


実質9hのバッテリー駆動可能な2in1となると気になるのは、コレ。

■ASUS TransBook T90 Chi T90CHI-64G
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/20150304_691032.html

ただし、キーボードの重さが意味不明。充電式である必要すら無いと思うのは私だけだろうか?単3電池1本で良いじゃない。私が持っているマウスとキーボードとAndroidタブレットの総合重量が880gなんだよね。マウスを除いたら800gだな。WindowsとAndroidの違いはあるけど、どう思う?5~6万するのに、投資効果としては微妙だなぁ。Windowsであるということこそがメリットだと割り切って買うには32bitは制約が大きいから、コスパは大事だね。

http://magnadiary.blog118.fc2.com/blog-entry-267.html

Yoga Tablet 10にキーボードを一体化しクラムシェル化するステーを作ってみたくなった。試作してみるかな。

■結局EeeBook X205TAか
欲しい時が買い時と言うので少し値段が落ち着くのを待とうと思うが、生産性に影響が出る低性能ノートを頑張って仕事で使う意味が分からなくなってきた。X205TAがバッテリー長持ちの理由って、PCI ExpressもSATAもサポートしていないタブレット仕様だから省電力なんだよね。という事は、これ以上の劇的進化の早期実現は無いと思った方が良いかもしれない。Win8や10のライトユースならメモリ2GBで十分っぽいから、低価格帯って当分スペックは変わらないんじゃないかな。あとは値下がりするだけだろうね。今が199ドルPCとか言ってるワケだから、1年かけて149ドルPC(日本価格2万円くらい?)になったとしてもスペックは同じだろう。何とかケーズデンキかヤマダデンキで3万くらいで買えたら良いな。やっぱ3倍速っぽい赤かな。


■オマケのCPU性能比較
http://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=1685&cmp[]=2326&cmp[]=1153
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR