FC2ブログ

GOLF4 Wagon Eの遠出

日~月で、イカール星人とクラーク博士の間を行き来した。

高速道路一切なしで、エアコンなし、中山峠経由230号の喜茂別Pから真狩に入り5号線を行った。(ちなみに行きは喜茂別Pが気になって意識が左に集中、曲がり損ねて留寿都を過ぎてから右折w)約250km×2で、その他イカール星人市街を25kmほど走行。全体で16.4km/Lとなり、往復のみだと17.6km/Lという結果だった。(GOLF4燃費計調べ。誤差は1km/L未満のはず)
後で調べたら、230号を突き進み37号経由5号線が最短のようで、6kmくらい短縮出来そうだ。ちなみに高速道路を使用すると295kmになり片道45kmも増え、燃費は悪化し13~14km/Lくらい。

Googleさんで所要時間を比べると、高速だと3h39m、今回ルートだと4h37m(最短ルートだと4h27m)となり、約1h差となるが、高速料金は平日片道6000円にもなる。ついでに、高速道路と一般道を比べると、片道ガソリン代でも燃費・距離の影響で、一般道の方が約1000円安くつく。

高速道路を使わないと、所要時価は50分ほど増すが片道7000円の節約となる。平日プライベートなら一般道が良いだろう。休日、一般道は流れが悪いし、高速もETC30%オフなので、移動時間も予想がつきやすい高速道路の利用価値もあるだろう。一応言っておくが、アフォみたいに飛ばしてないです。1200ccのビートルでもイケる程度でしかありません。

ちなみに、最しい車で同じ行程を走って仮に燃費が22km/Lくらいだったとする。今回17km/Lなので、500kmでのガソリン消費量の差は約6.7L、ハイオクが150円だとすると約1000円の差だ。このまま10000kmあたりの差を概算してみると2万円だ。5万キロ走って10万円の燃料代が削減できるようだ。さらについでだが、総合燃費としてGOLF4 Wagon Eの11km/L(すじ実績)と、新しい車が仮に14km/L走った仮定し、5万キロあたりの燃料代の差は15万円程度だ。

結局、ちょっと燃費の良い普通の車の方がオトクって事らしい。

ついでに...全国の平均燃費。

ゴルフワゴン:9.7km/L
http://minkara.carview.co.jp/car/volkswagen/golfwagon/nenpi/

ゴルフヴァリアント:12.4km/L
http://minkara.carview.co.jp/car/volkswagen/golf_variant/nenpi/

次の世代に移行すれば、それだけで2割の燃費アップが約束されている。結構すごい事なんじゃないかね。というか、遠出だけとはいえ、うちの肉(いつの間にかニックネームが肉になってたw)って、結構頑張ってる。トータル平均でも11km/Lだし。

【追記】
後日、給油をしたので満タン法での燃費も紹介。全体で16.4km/Lは帰った直後。それから給油まで10kmくらい走ったので給油時にメーターを見れば良かったが、それを忘れた。まぁ16.4km/L未満である事は間違いない。実際に満タン法で計算したら16.29km/Lだった。誤差は0.2km/L未満と考えておけば良いようだ。そこそこ正確らしい。
スポンサーサイト



Castrol EDGE TITANIUM 5W-30 SN

VWの要求に対応するオイルを日本国内で入手するのには結構苦労する。苦労するので、私は勝手に独自基準を設けている。何となく、全合成油で5W-30,5W-40,0W-30,0W-40のものとしている。出来れば、欧州車の最近の規格(他社でも可)に対応していれば良いが、なかなかそうもいかない。じゃぁ、どういう条件にしようか。

http://www.geocities.jp/bequemereise/car_related3.html#long_drain
http://www9.atwiki.jp/oil-properties/pages/54.html

GOLF4世代はVW 503,504らしいが入手が面倒だ。これが手に入れば、2年間 or 30,000kmという寿命が得られるのだが、私は通勤で車を使わないので2年間で30,000kmも走らない。というか、2年で10,000km丁度というペース。ならば、全合成油で2年ごとに交換で良いと考えるようになった。オイルエレメントは30,000km交換で良いと思う。

今回のオイルは以下で、66720km(2015/4/2)から使用開始だ。
Castrol EDGE TITANIUM 5W-30 SN
http://www.castrol.jp/edge/oil-range/

前回入れたのは以下で、57670km(2013/6/11)~66720km(2015/4/2)の期間に使用した。
eni i-Sint Protection 5W-30
http://www.showa-boeki.co.jp/lub/lineup/eni_i-sint/protection.html

約2年間にわたり使用したが、使用している最中に燃費低下、油圧低下、オイル消費等の異常も無かった。以前に乗っていたVentoのように1L/1000kmもオイル消費しないので、維持管理も超手抜きで楽チンでした。

今回、エアエレメントも手持ちのものと交換して思ったのだが、大した汚れてなかった。きっと納車時に気を利かせて、オイル、オイルエレメント、エアエレメントを交換していてくれたのだろうと今更ながらに思うわけです。なので、2年後にはオイル・エレメントセットでの交換かなと思いますね。エアエレメントは次は100,000kmで交換で大丈夫そうだ。

前回のオイル交換では、交換直後に静かになったと実感、3000km走行くらいで少し劣化を感じ、そこから先は劣化を感じなかった。ただ、私がロングドレインに慣れないので罪悪感があっただけだ。
今回のオイル交換では、交換直後に静かになったという実感は無いが、プラシーボなのか少し馬が増えたように感じた。オイル粘度が上がって抵抗感が発生という感じも無い。何となく、前のオイルのライフは尽きていなかったのかな?というのが感想だ。

以前、コラードG60に乗っていた時代に、珍しく安MOTUL(4L/8000円くらい)を入れ、10,000km走ってから少しランクダウンなオイル(と言っても4L/5000円くらい)に入れ替えたのだが、MOTULが良すぎたのか、入れ替えた方がフィーリングが悪く、まだまだイケたじゃん...というのを味わったことがある。ライフが尽きる前に交換するというのは正しいのだが、残念な思いをした。あれ以来、格安MOTULが手に入らないか、何時も気になっているw。

というワケで、21世紀の全合成油は2年間10,000kmは普通?楽勝?なのかもしれない。超安オイルを頻繁に変えるより、格安全合成油を2年間使うというサイクルにした方が良いかもしれませんよ。あとは、モービル1にしちゃって、ホンキで2年30,000kmにするとか。距離走るならアリでしょう。

Mobil1 ESP Formula 5W-30
http://www.emg-lube.jp/mobil1/product/mobil1_ESPF5W-30.html
http://www9.atwiki.jp/oil-properties/pages/119.html

これだと、ほとんどの欧州車規格に適合出来て、通販入手出来そうです。

ASUS Eeebook X205TAを買った

とうとう買ってしまった。通販で買って初期不良とか辛すぎるので、店頭で買おうと近所を回っているうちに通販価格が上がってガッカリして。たまたま用事を足したついでに街中のヤマダを見に行ったら、なんとあったのよ、在庫が、しかも赤がw。で、通販で先週まで\31kと思っていたら、店頭で\32kだった。なんか壊れたら近所の店頭で補償等手続きが可能という話だったので、お買い上げしてきた。

実際の色ですが、シャア専用ですよw。私物だからこそ許される色ですが、結構満足度が高いです。重量は大きさの割に軽いです。0.98kgは伊達じゃないし、バッテリーの持ちも十分っぽいね。キーボードサイズも12inchのXGAノート(Dynabook SS SX3211)と比べたら、こっちの方が広いかもしれない。キーボード入力は快適です。ブラインドタッチも余裕です。このキーボード配列で文句言ってるヤツ、馬鹿じゃね?と思った。十分に優秀だよ。タブレット+軽量BTキーボードでは実現不可能なレベルですよ。
あとは、メモリ2GBはちょっと少ないなぁと思ったが、まぁ休止状態を使う事を考えたら2GBくらいの方が休止突入時などの時間は短いし、そんな致命的に遅いワケでも無いのでヨシとした。まぁ予想通りの動きをしています。あ、そういえばタッチパッドのドライバは最新にした方が良いです。休止から復旧した時に2本指スクロールが利かなくなる不具合が直りました。
兎に角、無音なのがいいですね。早速出張に持って行ってみたけど、バッテリーの不安も無いし満足度が高いわ。これなら毎日持ち歩いても大丈夫そうなので、カバンに入れっぱなしにしてます。なお、Yoga Tablet 10(Androidタブレット)を仕事で使う必要性が無くなったので、初期化して最新状態にアップデートした。MicroSDXC 32GBも不要なので取り外し、X205TAに流用した。これでX205TAは完成だ。弄りようが無いしw


そんなワケで普段から持ち歩くパソコンとして購入したノートパソコンだけど、意外なほど実用的。これなら自宅で勉強なり仕事なりをする時に、デスクトップPC上の仮想マシンでお仕事環境を立ち上げなくても良い気がしてきた。切り分けが大事だと思うのですよ。デスクトップはエンタメ用、X205TAは極力最小限のアプリしか入れずクリーンに保ったマジメ用、このように分ければ良い。
マジメ用には何が必要かというと、職場では常に2画面で使って資料を見つつドキュメントを編集するというのに慣れきっており、まして自宅でとなれば紙で資料を見るにしても気軽に印刷できない。つまり、意外にも自宅の方が2画面が重要だったりする。なら自宅デスクトップ液晶にX205TAから出力できるようにすれば良い。というワケで以下のように考えた。

マジメモードなので、デスクトップ液晶が使えれば良く、キーボードはX205TAで十分、マウスはBluetooth無線とUSB無線の手持ちがある。まず、マウスだけどWiFiの2.4GHz帯と干渉するようでマウスの動きが滑らかな時と遅延する時があり、試しにUSB無線マウスを使ってみたら快適だったので、こっちでイクことにした。まぁ、Bluetoothマウスも、そのうち使う機会があるでしょう。
あとはX205TAをデスクトップ液晶に接続するためのケーブルが必要だ。買ってきたのはMicroHDMI→HDMIケーブル(ELECOMの2m)約3kとHDMI→DVI変換(玄人志向)約0.8kの合計約3.8kでした。なんだか本体が安いだけにMicroHDMIケーブルの高さに納得がいかないけど、あっちゃこっちゃ安いところを探し回るのも時間のロスなので、妥協して買ってきた。(店員にHDMI→DVI変換について酷く確認されたけど、こっちが「MicroHDMIからHDMIに変換して、それをHDMI端子の無い液晶モニタのDVI端子に突っ込みたい」と言ったが、グラボのDVI端子からHDMI出力に変換しか分からないって繰り返してた。)

実際に大画面に映し出して使ってみたら、予想通り快適だ。大画面と言っても19inch_1440x900なので、11.6inch_1366x768と比べて、そんなにデスクトップが広いわけでもないが、やっぱ2画面は便利だし、そもそもメインモニタとして19inchくらいは欲しいなぁと実感した。もう、これ以上の快適性を得ようと思ったら4Kくらいの解像度じゃないと意味ないと思ったが、遠い未来の話なので考えるだけ無駄だな。また、PC切替機を使っていてデスクトップはアナログ接続なので、HDMIからアナログ変換もやってみたかったけど、長く使えるか甚だ疑問だったので止めました。結局、ここらあたりで手を打つのが吉でしょうね。

あと、分かった事なんだけど、Bluetoothは万能じゃない。たとえば、Dynabookで使っていた時に思ったことだが、BluetoothテザリングしながらBluetoothマウスを使うと帯域不足でマウスの反応が悪い。そして今回、WiFi 2.4GHzを使いながらBluetoothマウスを使うと電波干渉してマウスの反応が悪い。う~ん、正直微妙だな。今の所、Bluetoothテザリング優先という使い方かなぁ。Yoga Tablet 10ではBluetoothキーボード&マウス+WiFi 2.4GHzで何ら問題なかったんだよねぇ。

ノートパソコンのドライバ等は以下からダウンロードするのが便利
http://www.notebook-driver.com/ja/asus/asus-x205ta-laptop-drivers-software/
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR