FC2ブログ

復活間近

私の愛車Golf4 Wagon E(1JBFQ)は、何度も納車後整備に入院したが、やっと原因が分かり整備完了しました。その症状とは、ロックアップしてる時じゃないと分かりにくいんだけど、少しだけアクセルを踏んだような領域(燃料消費率で13~17km/L)の時に、ちょくちょく失火して、一定のアクセル開度での巡航がガクガクするのだ。
頭文字D 高橋涼介のようにアクセルを全開から全閉まで少なくとも10段階以上に踏み分ける人wにとっては致命的だ。まぁ私の場合、滑らかな一定速度巡航のために常に右足は1mm単位で動かしているつもりなので、そういう事象に頻繁に遭遇したのだが。というかGolf4の電子制御スロットルの最小開度も、私の要求する最小開度より大きいので、そもそも不満。5cmだけ前進したい時とか、どうしたらいいんだろ。...まぁこれも燃料カットを確実に行うためのトレードオフと思うしかないのか。

話しは戻って、結局、失火の原因として、当初はプラグとか点火系が腐ってんじゃね?と思っていたのだが、アクセスしやすいプラグを抜いて見てみたら、電極オムスビ型を予想してたのに、そんなに減っていない。なんか点火じゃない気がした。
そこで、やまヲさんと二人でエンジンルームを覗いていたら、エアマスセンサーからスロットルまでの間に入っているブローバイホースが割れていることを発見。これを絶縁テープで塞いでみたら、発進時にアクセル開度に対してトルクがリニアに立ち上がるようになった。いわゆるアクセルのツキが良くなったってことです。でも、相変わらず、一定速度巡航時の失火は治らなかった。

ここまでくると、まだ他にエアマス~スロットルで二次エアを吸っているか、あとはエアマス(エアフロ)、水温センサー、O2センサーというように主要センサーのどれかがダメって事になる。私に思いつくのは、そのくらいだった。ただ、全部一括交換しちゃえば治る可能性は高いだろうけど、これを一気にやって下さいとは気が引けて頼めなかった。
それが今回の診断では、結果的に水温センサー、O2センサーが微妙にヘタっていて、燃調が狂っているという結論に至ったらしく、水温センサーもO2センサーも交換となった。ここに至るまでにエアマスを交換しているようなので、ほぼ燃調を支配するセンサー全部だ。ついでに最後にサーモスタットも交換しちゃって、センサー入っているもの全部交換でスッキリさせるという結論にいたり、最後のサーモスタット交換待ちの状態が現在。これでようやく治るはず。

0.バッテリー交換
1.ウォーターポンプ交換
2.ウォーターフランジ交換
3.ATF&ストレーナー交換
4.ATFクーラー交換
5.クーラント交換
6.エアマス交換
7.水温センサー交換
8.O2センサー交換
9.サーモスタット交換

結果論なのだが私の理想に近い部品交換状態になった。あとは10万キロを超える頃にタイベル交換すればよく、機関系は今後10年くらい保つ状態になった。結局、補償の無料修理で治ったのは有難いけど、この3か月は長かったなぁ。
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【復活間近】

私の愛車Golf4 Wagon E(1JBFQ)は、何度も納車後整備に入院したが、やっと原因が分かり整備完了しました。その症状とは、ロックアップしてる時じゃないと分かりにくいんだけど、少しだけアクセルを踏んだような領域(燃料消費率で13~17km/L)の時に、ちょくちょく失火し...

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR