スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016夏スマホ

脱Softbankするにあたり、本格的に機種選定をしなければならない。新製品が出る時期になったので再度の選定が必要となってしまう。なお、価格と信頼性とバッテリー性能を考えると、FREETELのPriori 3S LTE,MIYABIは外した。また、スマホを電車内で片手操作を考えると5inch程度が好ましいが、コスパフォ次第かもね。価格も3万程度と考えるようになった。SIMフリー回線はOCNモバイルONEと考えているが、明らかなメリットがあれば他でも大差無いと考えてもいる。兎に角、月額6000円/2台で収まれば良いと思っている。これで年間12万のコストダウンに繋がるのだ。

①ZenFone 2 Laser(CPU:Snapdragon410_1.2GHz_4Core,RAM:2GB,ROM:16GB)
カメラ性能、Android 6.0への対応、5inchと手ごろなサイズ、値下げによって約25k(税抜)となった本体価格。実用性を考えれば納得いくものだ。ただ、モデル末期と考えると、思ったより値下げ幅が小さかったと思う。

②ZenFone 3(CPU:Snapdragon625_2.0GHz_8Core,RAM:3GB,ROM:32GB)
全性能がZenFone 2 Laserより高く、値段は$248だが、日本価格が未だ不明。5.5inchというサイズが少々気になるけど、満足度は相当高い。米ドル価格はかなり戦略的価格なので、日本導入時に110円/ドル程度のレートで販売すれば一人勝ちかもしれません。意外にポイントが高いのがWiFiが11ac対応というところ。しかもカメラ性能も予想以上になりそう。ちなみに、最近はお仕事でもiPhoneカメラを使いまくっています。写真撮影した日時場所方向が埋め込まれるので写真整理が捗りますので、カメラも期待できるなら、iPhone5sからの移行も万全だろう。

http://pssection9.com/archives/zenfone3-zenfone-2-spec.html
http://japanese.engadget.com/2016/06/02/zenfone-3-zenfone-computex-2016/
http://asus.blog.jp/archives/1058092198.html

③FREETEL SAMURAI REI(CPU:MT6753_1.3GHz_8Core,RAM:2GB,ROM:32GB)
全性能がZenFone 2 Laserより高く、値段は約30k(税抜)。ただしZenFone 3ほどのコスパでは無いが、5.2inchというサイズは従来の5inchスマホサイズなので納得。少し良いなと思ったのが本体代金24回分割プラン+MNP割引。ゼロ円スタートな上にPREMIUM保障が付いてるんですよね。2年間の間に端末が壊れて良品交換が70~80%OFFで受けられるようです。 指紋認証ボタンは嬉しいが、この物理ボタンが故障した場合は買替必須か?と思っていたが、この分割プランだったら良いのかもしれませんね。ただし2年目はMNP割引800円が終了しちゃいますけど。

http://www.dream-seed.com/weblog/review/freetel-samurai-rei-2nd
https://www.freetel.jp/product/smartphone/rei/price.html
https://www.freetel.jp/service/premium/

入手の容易さで考えると、ZenFoneシリーズは近所のパソコン工房でも買えちゃうというメリットがありますし、SIM購入まで考えヨドバシで買うのが良いかも。SIM購入以前に買ってセットアップを行ってからSIM購入という流れも可能だね。兎に角、現時点でAndroid 6.0機種しか買う気になれませんが、その中でもZenFone 3のコスパの高さがハンパないので、発売開始を待てるのなら待った方が正解だろう。これで3万なら待つ価値は十分ありますね。

ちなみにAndroid 6.0で気になるのは、SDカードを内臓ROM領域の拡張領域としてフォーマット出来る点です。

http://juggly.cn/archives/164324.html

この機能を活用すると、例えばZenFone 2 LaserのROM8GBモデル(楽天限定)もAndroid 6.0にバージョンアップすれば快適に使えるようになるという事ですかね。今までは、あの手この手でアプリデータをMicroSDに逃がしてたワケですが、これが超簡単に出来るようになるワケですね。その代り、MicroSDを挿げ替えるのは完全シャットダウンした時以外は危険という事になるんだと思いますけどね。兎に角、そういう面でとらえても、Android 6.0機種にMicroSDXCの128GBなんか挿したらスマホとしては十分以上なストレージ容量が格安で確保出来るようになるんですから、今時期に購入するなら、少なくともAndroid 6.0アップデートが降ってくる機種を選択しないと損です。

AndroidのRAM搭載量は、今現在2GBが標準的なので、これでAndroid 6.0も十分なハズです。現時点でRAM2GB以上搭載はあくまで余裕?と捉えた方が良いでしょう。Android OSも64bit移行が始まったばかりだし、現時点ではシビアになる必要は無いかもね。そういう意味でZenFone 3のRAM6GBってオーバースペックだと思います。それどころか、ZenFone 2 RAM4GBモデルも、これからのAndroid 6.0アップデートで初めて意味を持つみたいな状況かも。今後、ハードスペックが上昇したとしても、Android 64bit+RAM搭載量4~8GBで落ち着きそうな気がしますね。

ちなみに私のモバイルノートのASUS EeeBook X205TAは、Win10 32bit,RAM2GB,ROM64GBというパソコンです。ZenFone 3は性能的に格安モバイルノートパソコン並に到達したと言えるでしょう。そろそろBluetoothマウス&キーボードが役立つ日が近いかもね。あとはTVや液晶モニタへの接続をどうしていくかが課題かな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。