FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOSS GT-1

今まで、Zoom G7.1utを使っていたのですが、BOSS GT-1を買いました。なので、G7.1utは真空管が薄暗くなってますけど使えるんで、友達にあげました。ワケアリ品かなw

もともとUSBでPC接続出来てバッチ編集出来るギターエフェクターが欲しく、Zoom G3,G5などを検討していたのだがイマイチ革新的では無かった。だが、BOSS GT-100相当の音が鳴るというGT-1が約2万となると、物欲にあっさり負けてしまいました。結局、殆どパソコン接続でしか使わないし、ペダルも1個付いてるし、たまに持ち歩くとしたら軽い方が良いし、電池で動いてくれた方が助かるし、まさに私にジャストなんです。

でもって、パッチなんですが、確かにプロが作った音もダウンロード出来て面白いんですが、なかなか癖があります。そのままは使えません。
例えばガスGの音なんて、スタンダードな音なんて無いじゃんw。
例えばマーティの音なんて、AMPに突っ込んで出す前提の音...でも弄って「天城越え」は弾いちゃったw。
そのままヘッドフォンで聞いて似ていたのは「Master of Puppets」というサウンド。最初はここまでジャキジャキしてないじゃんと思いつつもCDに合わせて弾いたら「ホンマやw」という感じで、ついつい弾いちゃったじゃないかw。

そんなワケで、自分なりに満足のいく音を作りたいが、BOSSにはDiezelのアンシュミが無いんだね...Zoomで気に入ってたのに。となると代替を考えなければならないなぁ。それにしても、CTL1ボタンで設定を弄れるので、バッキング用とソロ用の対応は簡単に出来そうだ。Zoomでは空間系をペダルに割り振ってバッキングとソロを使い分けていたけど、BOSSではCTL1で切り替えかなと思う。あとは、ペダルはZoomに比べてヤワだけど不安になるほどでは無いし、自宅で靴を履かずに踏むのは楽かも。チューナー起動がボタン二つ押しは、ちょっと慣れがいるかなぁ。

何が出来るか、だいたいコレを見れば分かるかな。
https://static.roland.com/assets/media/pdf/GT-1_parameter_j01.pdf

今後の課題1
アンプヘッド+キャビのお気に入りがはっきりしないので、まだ自分なりのサウンドが出来ていない。アンプヘッド+キャビ+イコライザーが良いのか、ドライブ系エフェクター+アンプヘッド+キャビの組み合わせが良いのか、自分なりのセッティングを見つけなければ気持ち良い音が出ないかもしれない。ただし、何となく1弦20~24Fあたりの高音域はZoomよりドライブ感(ほかの音程に比べて痩せているような感覚は無くなった)があるように感じ、それは良い点だと思う。

今後の課題2
ノイズサプレッサー、リバーブ、ペダルのセッティングには、未だ辿り着いてない。

今後の課題3
GUITAR SIMULATORというのがあって、ギターピックアップの音をシングル→ハムにしたり、アコースティックにしたり、そんなモードもあるようです。試してみよう。シングルサウンドが出来たら面白いかもね。その他にもオクターブ上の音を追加したり、フィードバックを追加したり、色々あるので、ギターピックアップの特性を疑似的に弄ったうえで、アンプに突っ込むとかしたら、夢は広がります。ここまで辿り着けたら、ギター本体のピックアップ交換まで考えなくても良いかもしれない。

今後の課題4
バッキングトラックを拾ってきたり、CDの音源に合わせて弾いたり録音したり(Audacityで録音・ミキシング、)で遊んでいるんだけど、それらのお気に入りデータの保存場所を考えなければならない。ノートパソコン主体にして何処でも手軽に遊べるようにしようと思っているので、とりあえず手持ちのUSBメモリ32GBをギター専用にしようと思う。最終目標は、X205TAのようなお手軽ノートOCやWindowsタブレットでも遊べる環境を構築することなのです。
簡単に言うと、PCとGT-1をUSB接続して、GT-1をオーディオインターフェースにしてギター遊びをします。Zoomでも出来ていた事だけど。なので、GT-1のヘッドフォン端子でミックスした音を聞くのです。この使い方が、バッキングトラックと弾いてるギターのタイムラグを克服する真っ当な方法です。

邪道?な使い方は、GT-1からUSB接続経由でギターサウンドをPCに入れず、GT-1ヘッドフォン端子からPCラインインに突っ込んで、PC上のオーディオインターフェースで音を聞いたり録音する方法があります。こちらもタイムラグは感じません。これの何が良いかというと、普段パソコンに繋いでいるスピーカーから音を聞くことが出来ます。PCとアンプの接続を差し替えるのが困難な場合はこの方法が使えますが、物理的な接点が増えますね。なので、アンプを内蔵しちゃったデスクトップPCの場合なら意味があるかもしれませんが、それ以外では意味がないかもしれませんね。

【番外編1】
貰い物だが、JVCのワイヤレスヘッドホンを入手した。
JVC HA-WD100
http://www3.jvckenwood.com/accessory/headphone/cordless/ha-wd100/
ワイヤレスなので、ギター弾くのに邪魔にならなくて良いかなと思ったんだけど、0.1秒くらいのタイムラグがあり、楽器演奏では全然使えない。貰い物だったからいいけど残念だ。結局、耳のスポンジがボソボソになってきている古いSONYヘッドホンとか有線イヤホンが手放せないです。Bluetoothヘッドホンも未だ遅延(最も遅延が少ない規格でも30ミリ秒)が大きいので楽器にはダメだね。

【番外編2】
Audacity:バッキングトラック(mp3,wav)があるなら手軽にギター録音が出来ます。入出力の切り替えも簡単。
VLC:MP4動画からMP3を生成。
聞聞ハヤえもん:桶のピッチシフター&低速での再生に使えます。
DARU/PITCH-SHIFTER!:桶の作成(モノラル音声除去、ピッチ調整など)に使えます。
ボーカルリデューサー:文字通りです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。