スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Earth

お仕事でよく航空写真を見る。見るだけならGoogle Earthが楽なので、簡単な位置情報レイヤをKMZで作成して被せて見ている。この情報を持ち歩けたら現地調査も捗るのになぁ...と常々思っていた。

でだ、簡単な位置情報レイヤをスマホ版のGoogle Earthで見られたら楽なのになぁ...と思って調べてみたら、意外に簡単に出来てしまった。Googleドライブに自作KMZファイルを入れておいて、Google Earthで見れば良いのだ。

iPhoneの場合:GoogleドライブでKMZを選択、アプリで開く、Google Earhを選択
Androidの場合:Google EarthアプリでGoogleドライブにアクセスしてKMZを開く

モバイルだと1つのKMZファイルしか開けないが、PC版Google Earthでフォルダを作って一まとめにしたものをKMZ出力し、それをGoogleドライブに入れておけば見れます。

手順は違ってくるが、Googleマップでドライブルート案を作成・保存しておけば、スマホで見ることも出来る。なかなか便利だと思う。

あと、KMZファイルの表示だが、ZenFone 2 Laser(Android)ではポリゴンが化けたが、iPhone7では正常だった。もしかしてグラフィックドライバとかの問題かな...Google との親和性はAndroidの方が高いと思ったのだが、意外にiPhoneが頑張っている。でもiPhoneの方が文字は小さくて見えずらい。

そんなこんなで悩んでます。iPhoneはカメラとして使うし、出来れば現場用地図はサブのZenFone 2 Laserに任せたいところですね。

とりあえず、Android版Google Earthでも、ポリゴンを使わずラインなら問題ない事が分かったので、それを使う事にしよう。

作成手順は以下。
1.PC版Google Mapで地点・ルートのマイマップを作製しKMZ形式で出力
2.1をGoogle Earthに読み込ませ、最終的に表示させたい要素以外を削除
3.自分のスマホ表示時に最適な文字サイズに調整
4.3で整理したものをKMZ出力
5.4のKMZをGoogleドライブに保存

ちなみに、iPhoneでも基本同じですが、スマホ表示時の文字の見え方が環境によって違うようなので、その辺は環境に合わせて調整が必要だろう。文字サイズを大きめにしておけばマルチ対応と言えるかも。なお、保存形式はKMZにしておかないと、オブジェクトを置いたところにピンマークだらけになるから注意です。

音声ナビ機能が欲しいなら、普通にGoogle Mapの方で使うのが一般的かもしれませんね。
なので、Google Earthではカスタマイズした情報を見る航空写真ベースとし、Google Mapでは1.で作成したルートを使って地図ベースのナビという組み合わせて使うのが最強かもしれませんね。どうせなら機能を統合して欲しいところだが、まぁそういうモンだと思っておきましょう。

参考になるか分からないが、Google Mapの場合、同じKMZを開いてみたらオブジェクトの読み込み数が2000までという制限があるらしく全ての情報を表示する事は出来なかった。ルートマップ・地点以外の多数オブジェクトを表示する用途にはGoogle Earthで対応するしかないようだ。

■最終的に...
現地視察に行って「車で移動→車からサッと降り→カメラで撮影→車に乗って次の地点に移動」というルーチン作業に必要な機能は以下だ。
1.iPhoneはカメラ(位置情報埋め込み)
2.Google Mapでルートナビ
3.Google Earthで航空写真+自作KML+現在位置表示

これを整理して考えた時、アイテムが大がかりになりロスが生じるのは本末転倒。ならば、1と2をiPhoneで行い、3をZenFone 2 Laserで行うのがシンプルだ。そもそもGoogleアカウントをバリバリ使おうと思っているのに、会社の共有機器は使いたくない。欲張りすぎてもしょうがないので、手持ちの武器を便利&手軽に最大限使う方に考え方をシフトしようと思う。あとは、スマホを車内で楽に置いておく方法だけだな。iRingをもう一つ買おうか悩むが、折角ZenFone 2 Laserで


<以下余談:読まなくてOK>
■Win8.1タブレット
会社にWindows8.1タブレットが死蔵されていた。SIMも刺さらない、LAN端子も無いので、USBLANとかWiFiルータとかと組み合わせないと使えない。まぁ、そこは百歩譲ってOKとしよう。しかし内蔵GPSがWindows8.1仕様に則りCOMポート接続になっていないため、Google Earthで現在位置を表示出来ない。色々なツールを入れれば可能ではあるのだが、会社のモノなので、そこまで弄ろうという気力が湧きませんでした。まして、Google Earthを使ってみたら、ピンチイン・ピンチアウトが使えないので、そこもカスタマイズが必要になります。まったく...なんのためのタブレットなのでしょうね。しかも会社のものだから、Win10への無料アップデートもスルーされてますし、これでは塩漬けまっしぐら。困ったものです。
■ASUS X205TA
もうね、私物ならカスタマイズして利便性アップすると助かるので、こっちを弄ろうと思いました。GPSだけならスマホGPSをBluetoothでPCに外部接続GPSとして認識させるAndroid無料アプリ「GPS Sharing for Windows Sensor」があります。それを使いつつ、仮想COMポートにGPS信号を流すWindowsソフトと組み合わせれば、PC版Google Earthでも現在位置を表示できそうです。でも、よくよく考えてみれば、PCの10インチくらいの画面で見れて、かつ操作さえ出来れば良いのならほかの手があります。
WindowsパソコンにASUS PC Linkを入れ、ZenFone 2 Laserの画面をWindows上に表示するのです。これで少しモッサリしますが大画面で見れます。この方がシンプルだと気付きました。ZenFone 2 Laserのランチャーアプリも横画面に対応できるようGoogle純正ランチャーを入れればPC上からの操作性も上がります。
ちなみに、私のモバイル回線はiPhone7+auだけで、ZenFone 2 LaserはBluetoothテザリング子機で主に出張時に使用という使い方です。WindowsもBluetoothテザリング子機ですが、ZenFone 2 Laserで会社メールチェックが出来るのでX205TAは持ち歩かなくなりました。iPhone7,ZenFone 2 Laser,X205TAをフルセットで持ち歩いても大した荷物では無いのだが、大がかりで未来感が失われるねw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。