FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Duncan Designed Part2

HR-101とHB-103(らしきもの)、500Ωタップスイッチ付きトーンを手に入れた。これの配置を考えた。

Tokai Silverstar改:HR-101のフロント・リアに搭載(タップ付トーン搭載予定)
Yamaha Pacifica 721DH:HB-103をリアに搭載予定

まずはTokai Silerstar改マグナスターを検体とします。手持ちの余剰ピックガードに穴あけてHR-101をマウントしてみようと思う。コストと手間を最小限に心がけます。

お試し方針
1.いつでも戻せるようマグナスターのHSHピックガード丸ごと残置
2.昔確保したHSH黒ピックガードを穴あけして尊い犠牲にする
3.フロントHR-101、リアHR-101、センター無し
4.ボリュームは手持ち新品A500kΩ
5.セレクターはマグナスターに元から付いてて中間で止まらないヤツw
6.とりあえずトーン・タップは付けない
7.音が出たら、トーン・タップスイッチを接続

検体となるピックガードだが、穴あけしてピックアップをマウントするのだが...位置決めがボディとのザグリとうまく合致しなく、何個も穴を開けてしまったw。
手に入れたピックアップはボディ直付けだったようでネジ穴が拡大してあるように見える。なので、ホームセンターでM2.6,25mmネジとナットを買ってきて、バネはハム用を半分に切ってお試し用にし、ピックガードを外した状態でだいたい良い高さでOKとした。まぁ、こんな感じで何とかマウントすることが出来た。
その後、街の楽器屋に寄る時間があったので、シングルコイル用のバネとネジのセットを買って来た。DiMarzioのストラト用で、バネと多分インチネジが3セットで400円だった。組み合わせてみたら、HR-101はダイレクトマウントだったはずなのにネジ山が潰されてなくて、ピッタリとネジ山が噛んでくれた。これらを使うようネジ穴を少し拡大したら、ピックアップがしっかりマウント出来た。

ピックアップから出ている線ですが、なぜか黒が見えなくて、アースとハンダで一体化されているようです。以前の配線時の名残なのでしょう。アース(黒と一体でハンダ)、赤白(ハンダ)、緑という線が出てます。面倒なので、配線図でいう黒と緑を頭の中で入れ替えて、このまま配線します。両方ともに逆位相なので悪さしないでしょう。

http://espguitars.co.jp/customer/assy/seymourduncan_assy.html

配線については、基本的にDuncanの公式サイトで「2HUM,1VOLUME,3WAY BLADE」という配線を参考にします。

http://www.seymourduncan.com/wiring-diagrams?meta_params=view-all,humbuckers

そんなワケで、元のピックガードからアウトプットジャック・アース配線のハンダを外して元のピックガード環境は丸ごと残し、お試しピックガードに挿げ替えました。そしたら、一発で音が出ました。何を驚いているかというと、今回使った古い3WAY?セレクタースイッチが片面に8本端子があるヤツで最近は目にしないお粗末なスイッチのようでした。結局やった配線は、一般的なYM-30とかと同じなんですけどね。配線材もハンダもホームセンターの電源用ですw

とりあえずステップ6で音が無事に鳴ったので、ピックアップの生存は確認できました。なので次のステップ7では「2HUM,1VOLUME,1TONE PUSH/PULL COIL SPLIT,3WAY BLADE」の配線をしました。
しかし、どうもトーン配線が悪さをしているようで音が出なかった。1Vol配線に追加を最小限と思いながらDuncanの配線図を無視してトーンを配置したせいかもしれない。なので、トーン配線(グランド配線は残した)を外し、とりあえずタップだけが利くようにしたら音が出たので、これでお試しすることにした。

出音だが、ハム状態でも、生音から歪まで使える音になった。具体にはブーミーさが無くなって、ハイも出てるので、ギターのボリュームをいじる事で思ったより多彩なサウンドが楽しめる。タップサウンドも、思ったほどジャリジャリせず、使えそうな音だ。
今まで通常のハムばかり使ってて生音がこもり気味だったので、なかなか生音を楽しもうという気にならなかったが、何だか積極的に使えそうな気がする。また、タップスイッチもあるので、フロントとリアのシングルミックスなども使えるし、相当幅広い可能性を感じる。以前より、お洒落サウンドとか出せそうですね。かと言って、ギターインスト的なドライブ感のあるリードサウンドも出るし、なかなか面白いなぁという感想です。思ったより良いよ、これ。

結局、普通のハムの籠った生音がベースになっていると、歪用アンプセッティングでギター側ボリュームを絞っただけでは、シングルっぽい高音が出たサウンドは難しかったが、それがギター側のスイッチで実現できるので、相当面白いかもと思う。

ここまで使ってみて思ったのは、とりあえずピックアップのパラレル接続は保留で良いかな。このシングルサイズのハムはフュージョンからヘビメタまで幅広く使える良いものだ、そして、タップとトーンがあれば十分です。あとは、音のバリエーションを考えて付け足すとしたら、ハイパスフィルターかな。ハイパス入れるならON/OFFスイッチも欲しいかな。
というわけで、ハイパスはとりあえず更なる次のステップなので、まずはトーンを何とかしよう。

Magnastar and HR-101

ちなみに、2ハムでシリーズ/タップ/パラレルでこれだけの音が作れる。すごくないですか?どうやら、リアにハイパスも入れているようです。

https://www.youtube.com/watch?v=tzxPY1qrbtE
https://www.youtube.com/watch?v=a4q2rGhgBtg
https://www.youtube.com/watch?v=ip4N11f53K8

なんか、これに近い領域に行こうとしているような気がする。パラレル配線よりもハイパスがあった方が面白そうと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Suzy-Pro

Author:Suzy-Pro
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。